2017年03月29日

室生犀星と猫のカメチョロ

 先日、金沢出身の文豪室生犀星と、火鉢に手をかざす猫ジイノについてご紹介しましたが、引き続いて、犀星の娘朝子さんが書かれたエッセイ「うち猫、そと猫」より、犀星と彼が最も愛した猫カメチョロのエピソードを少し書かせていただきます。

 『室生犀星作品集・57作品⇒1冊』 -
『室生犀星作品集・57作品⇒1冊』 -

うち猫そと猫 (1982年) -
うち猫そと猫 (1982年) -


「ふるさとは遠くにありて思うもの」という詩で有名な室生犀星は、小説や詩で名を成してから、東京大田区の馬込と軽井沢に家を持ち、行き来をしましたが、その縁で、ある猫と出会いました。

軽井沢の家を建てた大工の棟梁が、避暑に訪れた犀星に、自宅の三毛が産んだ子猫を「夏の間寂しいでしょうからこの猫と遊んでください」と連れてきたのが、犀星と猫のカメチョロの出会いでした。

カメチョロはその日の午後にはもう犀星に懐き、軽井沢の家を、生まれながらの自宅のようにゆったりと歩き回り、犀星が庭に出れば後をついて歩いたそうです。

犀星は家や庭に、自身の高い美意識を反映させた人でしたが、この子猫には、彼が顔が映り込むほどに磨き上げた紫檀の仕事机の上や、手づから世話をする庭を歩くのを許したそうです。

(ちなみにカメチョロという不思議な名前は、信州の言葉で「トカゲ」を意味し、この子猫が庭を好きに飛び回る姿が、同じく庭を闊歩する、美しく銀青色に光るトカゲに似ているからという理由で名づけられたそうです。)

こうして、1年目は避暑の間だけ犀星と過ごしたカメチョロは、2年目の犀星の軽井沢訪問時も彼をよく覚えていて、大工さんがカメチョロを入れていた箱を飛び出すと、すぐに犀星に身をこすりつけて懐き、夏が終わるころ、ついに犀星の猫となって東京に連れてこられました。

カメチョロは母に似ず、大きくなってからはペルシャ猫の血を引くことを感じさせる雉虎柄の長毛で、目が大きく、犀星好みの長くふさふさとした尾を持つ雄猫でした。

「うち猫そと猫」にはカメチョロの写真がありますが、畳に優雅にねそべるカメチョロは、黒目がちで、モノクロの写真であっても、淡いピンクであったのではと思わせる愛嬌のある口元が、微笑んでいるようにふんわりと上がった、大変可愛らしく美しい猫です。

個人的には、一目見て、手塚治虫の描く、まつ毛の長い大きな目の、情深く妖艶ですらある美猫を思い出しました(カメチョロは男の子ですが、ブラックジャックの名作「猫と庄三と」の牝猫にちょっと似てる。)。

ブラック・ジャック 7 -
ブラック・ジャック 7 -


美貌でゆったりとした性格のカメチョロは、犀星に「わしの猫だからわしが世話をする」と宣言させた、おそらく数多くいた室生家の猫の中でも、犀星に最も素直になつき、犀星も溺愛した猫であったようです。

 「うち猫、そと猫」の中には、帽子をかぶり羽織姿の背筋の伸びた犀星を、笹の垣根づたいに追い、やがて寂しそうに見送るカメチョロや、犀星が丁寧に掃き清めて世話をする庭を悠々と歩くカメチョロと、自身はしゃがみこんでせっせと庭の手入れをしながらも、そういうカメチョロを好きにさせている犀星の写真が載せられています。

 朝子さんによると、犀星はブラシ代わりに軍手をはめて撫でることで、長毛のカメチョロの毛並みを整えてやっていたそうで、はじめはいやがっていたカメチョロもすぐに犀星の意を汲み、天気の良い日に犀星が軍手を持って出てくると、「犀星より先に縁台にとびのり、ごろりと寝るようになっていた」そうです。

しかし、このカメチョロは、冬のある日、伝染病にかかり、急死してしまいました。

その夜、犀星の部屋には遅くまで灯りがともっていたそうです。

朝子さんは他の飼っていた動物たちのように、カメチョロをお寺に葬るつもりでしたが、犀星は、「カメチョロをそんな遠くに葬るわけにはいかないよ。庭の杏の木の下に埋めなさい」と、朝子さんに頼みました。

 朝子さんたちが、埋葬の穴を掘っていた時、犀星はふいに庭に出てきて、彼女にカメチョロの遺髪を切ってほしい、と言いました。

 朝子さんにとっても非常につらい作業でしたが、犀星はカメチョロの埋葬を見ることすらできなかったようで、書斎にこもってしまい、朝子さんが持ってきた遺髪を黙って受け取ったそうです。

  東京に連れてこなければ、空気のきれいな軽井沢にいれば、カメチョロがこんなに早く死ぬことはなかったかもしれない。そう思ったのか、犀星は「ほんとに可哀想なことをした」と、悲しそうに言っていたそうです。

 カメチョロの死んだ前年の昭和34年に、長く療養していた妻のとみ子さんを亡くした犀星は、軽井沢に自分で「室生犀星文学碑」を建て、奥さんの遺骨の一部を、文学碑の傍らに置いた俑人(死者とともに副葬する人形)の下に埋葬していました。

(参照、「避暑地の散歩道 室生犀星文学碑&俑人像」軽井沢life http://karuizawa-style.net/kyukaruizawa/muroosaisei/)

 そして、朝子さんを連れて、散歩で文学碑を訪れたとき、なにげないふうに、
「わしが死んだら、ここに骨を埋めてほしい、そのために穴も大きく作っておいたからね」と、言いました。

 昭和37年3月26日、72歳で犀星は世を去りました。

 色々な片付けが済んだころ、朝子さんは、犀星が手元にのこしていたはずのカメチョロの毛を探しましたが、几帳面に整理されていた引き出しのどこからも見つかりませんでした。

 その年の夏、犀星の遺言に沿って、朝子さんは、犀星の分骨を携え、軽井沢の文学碑へと赴きました。

 大工の棟梁(最初にカメチョロを連れてきた人)に手伝ってもらい納骨を終えた朝子さんは、俑人の後ろに植えられたかんぞうの葉陰に、石燈籠の宝珠がおかれているのに気づきました。

 本当なら灯篭の一番上に置かれている石が……、と不思議がる朝子さんに、棟梁が、
「去年、先生があそこになにかを埋めて、その目印のためにあの石を置いたのですよ。先生はいったい何を埋められたのでしょうね」と、言いました。

「犀星が埋めたものは、あれほど軽井沢に返してやればよかったと言っていた、カメチョロの遺髪だったのだ。誰にも言わずに、わざわざ目印に宝珠まで置いたのは、愛した小さな生命に対しての、犀星の最大の供養だったのである。」

 朝子さんは見つからなかったカメチョロの遺髪と、棟梁の話とを結び合わせて、そう父の思いを振り返っていました。

 複雑な生い立ち、幼い我が子の死、愛妻の病など、波乱の多い人生を送り、厳格で気性の激しいところもありながら、年代を問わず多くの才能ある詩人たちとその家族に慕われ、心のこもった交流をしていた犀星。

 彼の文章からは、類まれな美意識や観察眼だけでなく、こうした人柄の奥行きがありありと感じられます。

 なぜこう強靭で、それでいて優しいのか。

数多くの文学者が鋭敏さと引き換えに傷つきやすく生きづらい精神を持っていたのに比べると、圧巻の文才と、優しさと、率直さの全てを持っていた犀星の存在は謎ですらあります。

 どうして苦労の連続ながら、それにのまれずに、人としても文学者としてもこういう境地に辿り着いただろうか、その過程を、私は、まだよく知りませんが、愛妻の死後、妻と自分が眠る場所を静かに整え、カメチョロの魂の一部も、カメチョロのふるさとであり、やがて犀星も眠る場所へ連れて行ったという話は、まさにこうした犀星の強靭さと優しさを物語っていると思いました。

 ジイノとカメチョロの話のおかげで、もともと稀代の名文家と思っていた犀星をますます好きになりましたので、また折をみて、彼の作品についてもご紹介させていただきたいと思います。

 読んでくださってありがとうございました。

posted by Palum. at 22:31| おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

室生犀星と猫のジイノ

 金沢を代表する文学者、室生犀星の命日、「犀星忌(3月26日)」にちなみ、 雑誌『サライ』2017年3月号に載っていた室生犀星の記事をご紹介させていただきます。

 3月号の『サライ』のテーマは「日本は猫の国」。

サライ 2017年 03 月号 [雑誌] -
サライ 2017年 03 月号 [雑誌] -

 絵画や文学、漫画に登場する猫や、芸術家たちと暮らした実在の猫たちの様々なエピソードが紹介されていますが(例えば、「漱石はよく猫を背中に載せたまま寝そべって新聞を読んでいた」らしい〈萌〉。)、なかでも微笑ましかったのが、室生犀星と愛猫ジイノの写真です。


  「ふるさとは遠きにありて思ふもの そして悲しくうたふもの」(『抒情小曲集』より)という詩で有名な室生犀星は、随筆、小説でも数多くの優れた作品を残しました。


室生犀星詩集 (新潮文庫 (む-2-6)) -
室生犀星詩集 (新潮文庫 (む-2-6)) -

 お勧めは『月に吠える』の萩原朔太郎、『風立ちぬ』の堀辰雄など、そうそうたる文学者たちの作品と、彼らとの交流を描いたエッセイ、『我が愛する詩人の伝記』です。

我が愛する詩人の伝記 (講談社文芸文庫) -
我が愛する詩人の伝記 (講談社文芸文庫) -

 犀星の鋭い観察眼と、控えめながら深い他者への情、詩で磨かれた言葉の美が冴えわたり、一言一句、冬の日溜まりのような切ないぬくもりと、宝石の一粒一粒のような輝きを併せ持つ作品です。
(一瞬の隙もなく言葉が優れて胸に迫るという点では、自分の読書歴の頂点に立ち続ける作品です。〈小説なら漱石ですが、いずれにせよ甲乙つけがたい。〉)

 文章の一例として、『我が愛する詩人の伝記』内、堀辰雄の妻、たえ子さんの回想と、堀辰雄の文学の批評部分を少し引用させていただきます。

 「病床十年を切り抜けたところで夫の死を見た彼女は、烈婦のカガミのような人であった。カガミはいまは辰雄の小説の中から美しい嫉妬をほじくり出して、それを唇にくわえて遊泳していた。カガミはカガミに映る自分を見て笑い、毎月墓地にかかさずせっせと通うていた。石にお詣りするということはどういう事なのであろう、私にはこの古い日本のしきたりが余りに美の行事であるため、却って奇異のはかなさに思われた。
 堀辰雄は生涯を通じてたった数篇の詩をのこしただけであるが、その小説をほぐして見ると詩がキラキラに光って、こぼれた。こぼれたものを列べてみると、それはみな詩の行に移り、よどみない立ちどころの数篇の詩を盛りあげていた。小説や物語の女達の言葉や行いが、人間の性情にあるときは詩というものが、こんなふうのものかと、そう思われる優柔感をそなえてみせた。」

 亡き婚約者の面影(※)を文学にしたためた夫を愛し、彼の闘病と執筆を支え続けた妻と、堀辰雄の文学の魅力を、それぞれ的確かつ誇張なく美しく描いた名文です。

(※)『風立ちぬ』で主人公の「私」が病床に付き添う「節子」は、堀辰雄の死別した婚約者、矢野綾子がモデル。 

 このように突出した言葉の才を持つ犀星は、その気骨や美意識の裏返しなのか、気むずかしく癇癪持ちなところもあったようですが、(親友の朔太郎が他の作家にからまれていると思って、出版記念会で椅子を振り回したこともあったらしい。)ご家族ともども動物好きで、娘の朝子さんの猫、ジイノ(アンジェリーノという華やかな名前だったのがジイノになったのだとか〈※〉)は、犀星の書斎に平気で入り込んできたそうです。

 (※)朝日新聞デジタル「3:室生犀星の愛した「ジイノ」」より

 そんなジイノが、火鉢のふちにちょこんと両前脚をかけ、火鉢を挟んで座る犀星が笑ってその様子を見ているという写真が、『サライ』に掲載されています。

 参照:室生犀星記念館のHPで公開されている犀星とジイノの写真。(H番)
 http://www.kanazawa-museum.jp/saisei/outline/picture.html

 (HPの写真では、もう、おねむみたいで、顔を体に埋めるようにしていて、犀星が火箸で火加減に気を配っている様子〈やさしい〉ですが、サライでは、お目目ぱっちりおすまし顔のジイノと、ニコッと笑っている犀星の写真が観られます。犀星は基本的には写真嫌いだったそうですが、猫と撮られるのは平気だったとか。)

(追記、サライのものと同じ写真を表紙に使った電子書籍作品集が発売されていました。)
『室生犀星作品集・57作品⇒1冊』 -
『室生犀星作品集・57作品⇒1冊』 -

 ジイノがこのポーズをとるようになったのには、こんなきっかけがあったそうです。

 「ある日(ジイノが)、犀星の横にあった火鉢に二本の手(前脚)を揃えて座り、居眠りをはじめた。それに気づいた犀星は、もう少し火鉢に近づけてやろうとそっと尻を押す、するとジイノの両手が火鉢にかかり、火にかざしているような格好になった。翌日からジイノは犀星の書斎に行くと、火鉢に両手をかけて眠るようになった(『サライ』3月号より)」
 
 犬飼ってたんでわかりますが、毛足の長い生き物は、畳などでお尻を押すと、ツーと、押されてる側も驚くほど摩擦なく滑ります。

 偉大な、やや厳格な雰囲気の文学者にお尻を押されて、ツーと畳を滑って、ツルンと火鉢の縁に両手のかかってしまったジイノが、火鉢の内側のホカホカに気づいて「こりゃいいニャ」と、落ち着いてしまった様が目に浮かびます。

 犀星の書斎は、家具から飾られている陶磁器に至るまで、素人目にも品の良いものばかりで、ジイノが手をかける火鉢も、金属製なのか重々しく黒光りする高価なものに見えます。

 犀星は火鉢がジイノの脂で汚れるからこまめに拭かなければならないと迷惑そうに語っていますが、実はこのポーズを気に入っており、来客があるたびに、ジイノを連れてきて、可愛らしい仕草を披露していたそうです。
(参照、室生犀星記念館2014年3月12日ブログ

 あの美しい文を書いていた方が、猫をいそいそ火鉢の前に連れてくる姿を想像するとギャップ萌えます。

 ジイノの可愛い火鉢ポーズは、2014年に、彫刻家で金沢美術工芸大学非常勤講師の渡辺秀亮(ひであき)さんにより再現され、犀星記念館入り口でオリジナルキャラクターとして来館者をお出迎え、この場所では撮影が可能だそうです。

 犀星記念館では、ジイノほか、室生家の猫たちの写真が犀星の詩と併せてポストカードになっているのですが、さらに、ジイノはあの火鉢にお手手ちょこんの姿で切り抜かれてしおりになっていたり(本に手をかけているみたいに見える)、犀星と一緒に可愛い似顔絵ストラップになっていたりします。ほしいー。

(犀星記念館のグッズは、その他にも犀星の愛猫たちの箸置きとか、なんかズルいセンスのものが目白押しです。)

 ちなみにそのストラップのもう一面は、中年以降は品と風格のある容姿ながら、若い頃はあまりイケメンとは言えない犀星の奇跡の一枚(失礼)をモチーフにしています。
(その写真だけ綾野剛に少し似ている。上掲写真館ページのAの写真かと、)

(参照、室生犀星記念館2014年3月16日ブログ

 グッズといい、入り口のジイノといい、全体的に素敵な場所のようなので、立ち寄られてはいかがでしょうか。(北陸新幹線のお供には『我が愛する詩人の伝記』を是非。)

 『サライ』はこの他、赤塚不二夫や大仏次郎など、様々な人たちの猫との関わりと心暖まる写真が観られます。素敵な一冊でしたので、こちらもお手にとってみてください。
(よろしければ当ブログ続編記事「室生犀星と猫のカメチョロ」も併せてご一読ください。)

 読んでくださってありがとうございました。


(参照)
・室生犀星記念館HP http://www.kanazawa-museum.jp/saisei/
・朝日新聞デジタル「私のこだわり【猫 比名祥子記者】3:室生犀星の愛した「ジイノ」」http://www.asahi.com/area/ishikawa/articles/MTW20160122180750001.html
posted by Palum. at 16:37| おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする