2014年04月16日

33日目(100日後 人は変われるのか、自分人体実験開始5)

「2014年3月14日〜2014年6月22日(日)の100日間で自分がどのくらい変われるか頑張ってみたい」と書かせていただいてから33日目の今日。

 同過去記事は以下の通りです。
 1日目
 12日目
 23日目
 27日目
 
 「駄ネット閲覧をしない」という目標を打ち立て、とりあえず、完全に観ない状態を続けて3日目となっておりますが、つらいです(汗)。

なんかソワソワするし、観てない代わりにただ、ぼーっとしていたりして……(いわゆるネット依存の入り口なんだろうなとつくづく実感……)。

ぼーっとしてるくらいなら観ても一緒ではとこれまでの自分が暗闇からささやいていますが、「やめる」ためには無駄なようでもここがふんばりどころかと思います。

あと18日、観ないでいられれば、少し楽になれるはず……。

なんでも人間3週21日間なにかを続けられればその事柄を習慣化させられるという定説があるそうです。

そのことについて語っていたこんな本があります。タイトル(邦題)はズバリ「3週間続ければ一生が変わる」(原題は「Who will cry when you die?」)


3週間続ければ一生が変わる あなたを変える101の英知 ポケット版

この本は習慣化までの21日間についてこのように語っています。

「新しい習慣は、新しい靴に似ています。最初の2、3日はあまり履き心地がよくありません。でも、3週間くらいたつと、慣れてきて、第二の皮膚のようになるでしょう」
(この本は具体的な行動メソッドや実験結果というよりはどちらかというとこういうわかりやすいフレーズや格言集に近いですが、これはこれで、モチベーションを上げるのにはとてもいい本でした。今後も引用させていただきたい本です。)

先日ご紹介した『新しい自分に生まれ変わる「やめる」習慣』でも、「行動習慣(ネットサーフィン、無駄遣い)」なら習慣化までに1か月かかり、「身体習慣(食べ過ぎ、夜更かし等)」ならやめはじめていてから3週間までが「禁欲期」で一番つらい時期(身体習慣なら習慣化完成までには3ヶ月が目途とのこと)……と、ありますので、だいたい21日間がひとつの目途になるというのは事実のようです。


新しい自分に生まれ変わる「やめる」習慣

私がこの21日間理論を非常に信用するのにはこれらの本以外に理由があります。

いわゆる願掛けのひとつに、自分の生まれた土地の氏神である神社に21日間毎日欠かさず参拝する「21日連続参拝」という方法があるのだそうです。

おそらくこれも、自分の願いをかなえるために、それだけの日数毎日念じ続けることで、神様のご加護を願うとともに、自分の思考回路を改革できるという側面があるのでしょう。

心理学的な定説と、こういう祈願の仕方が一致しているというのがとても興味深く、また、こういう昔ながらの習慣というのは、長い年月と多くの人間の実例によって徐々にまとめあげられていったものだと思うので(要するに心理学で被験者を集めて行うような実験の成果をもっと何百年も集め続けたようなものかと)、すごく信頼できるものなんじゃないかと思うのです。

そして、実際自分が行動を改めるまでに21日で済むかと言うとあまり自信がありませんが、それなりの日数かければ確かに習慣が変わるというのは今自分でも実感しているところなので(ブログ更新と運動は身につきつつある)、歯をくいしばって頑張ろうと思います。

それにしてもなにかを「する」より「やめる」ほうが難しいとは(しかも無駄なネット閲覧なんて、やっている時点でもたいして楽しいとも意義深いとも思っていなかったのに)意外でしたが、このとおりまぎれもない事実です……。

完全なる余談ですが、「わかってはいるけれどやめられない」という現象について描かれた、「ドラえもん」の傑作漫画、「ジャイアンリサイタルを楽しむ方法」(←笑)について、過去にご紹介記事を書かせていただきました。よろしければ併せてご覧になってみてください。

今僕、この作品の中ののび太とドラえもんみたいに「ああ(まったく無益だとわかりきっているネット情報見たいなあ……)頭がボーっとしてイライラする」状態の入り口気分です。怖いもんだ……。
(ちなみにドラえもんたちがこの症状になったのは、「ヤメラレン(笑)」という薬を飲んで「ジャイアンの歌中毒」になったため。死ぬ思いをして聴かされるくらいなら、好きでたまらなくなろうとしたという涙ぐましいお話……。)

さて、なんで、無駄とわかっているのに見たくなってしまうのか。

それについても、分析している本がありましたので、また近日中にご紹介させていただきます。

読んでくださってありがとうございました。
posted by Palum at 23:55| 100日間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

27日目(100日後、人は変われるのか、自分人体実験4) 


「2014年3月14日〜2014年6月22日(日)の100日間で自分がどのくらい変われるか頑張ってみたい」と書かせていただいてから27日後の今日。(相変わらず凄い中途半端な中間記録)

 新たな問題に気づきました。というか向き合うのが嫌だったというか……。

27日前に打ち立てた目標は以下の通りです。

 1,毎日1時間運動をする(ストレッチも含めて)
 2,英語を毎日3時間勉強する(通勤中のアプリ使用等を含めて)
 3,1,2をやりつつブログも毎日更新する

 1の運動は比較的成功率が高いんですが(ちょいちょい挫折するけど)、2の英語の時間がどうしてもひねりだせず、したがって3に到達できない。

 じゃあ、時間作るしかない。でも今までの生活では無理。

 なにかをやめるしかない。自分のやっているなかでこれは無駄だなあというものを……。

 で、結論。

 ネット見る時間を削る必要がある。

 これはしかし、覚えのある方も多いと思いますが、別に「さー今から見るぞー」とやって見ているわけではないんですよね……。

 メールチェックとか、なんかしなければいけない作業のついでについつい脱線してしまい、気づいたらそのまま一時間……みたいな流れなだけで。

 実はこの100日記録をつける前から、これはいけないいけないと思いつつ、なかなか無くせない習慣だったんです。

 今、一日が25時間無い以上、英語の時間を確保するために、なんとしてでもこの悪習慣を断たねばならない。

 しかしこれがかなり手ごわいものだと今更ながら気づきました。

 実際「ネット中毒」なる言葉があるくらいで、甚だしい場合は治療の対象にすらなるとか、このネットにどっぷりつかっているときの脳は非常に不健康な状態だとかいう話すら聞きます。

 聞いているのにやめられないんだから私も結構深刻な状況かもしれません……。
考えてみると本当に怖いです。お酒より食べ過ぎよりやめるのが難しいのに無駄な情報と思いながらまだ見てるんだから。(なんか脳にある種の刺激が加わっていて、それを補給しないといられない状態になるのでしょうね。正確なところは次回きちんと調べてご紹介させていただきますが)

 かと言って自分をふんじばるわけにもネットの無い生活をするわけにもいかず……。

 とりあえず、悪癖を断つために、色々本を買ってみました。(ここでネット中毒を断つためにネット閲覧を続けていては抜け出せなさそうな気がしたので)
 
 『新しい自分に生まれ変わる「やめる」習慣』

新しい自分に生まれ変わる「やめる」習慣

『スタンフォードの自分を変える教室』

スタンフォードの自分を変える教室

 ……どちらもわかりやすくて実践的な内容だったので、実行して、こまめに成果をご報告させていただくことにします。(こうしてブログに顛末を書き始めたのも『やめる習慣』の中に書いてあったひとつの方法)

 読んでくださってありがとうございました。
posted by Palum at 23:29| 100日間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

23日目 (100日後、人は変われるのか、自分人体実験3)


「2014年3月14日〜2014年6月22日(日)の100日間で自分がどのくらい変われるか頑張ってみたい」と書かせていただいてから23日後の今日。(相変わらず凄い中途半端な中間記録)

同過去記事はコチラ。
 ・1日目
 ・12日目

 ようやくすこーし結果が出てきました……。

 23日前に打ち立てた目標は以下の通りです。

 1,毎日1時間運動をする(ストレッチも含めて)
 2,英語を毎日3時間勉強する(通勤中のアプリ使用等を含めて)
 3,1,2をやりつつブログも毎日更新する

 23日後の今……。

 1,運動……今まで飛び飛びだったけど、ここにきてどうにか1週間連続を達成
 2,毎日英語……隙間時間(通勤移動時間等)を含めて1時間程度。
 3,1,2をこなしつつのブログ毎日更新……2があんまできてないから相変わらず計算不可能。

 上記の結果としては「23日間で2kg体重減」です。でも、今日結構不摂生だったから戻ってるかも(ものすごいすみやかな水の泡っぷり)。あ…明日、帳尻合わせます……(汗)。

 まだなにもきいたふうなことは申し上げられないのですが、とりあえず1週間の運動継続成功について、これのおかげかなということがあったので書かせていただきます。

 @運動は朝に
 最近朝早めに起きて運動しています。家で少しDVD運動と筋トレ、それから職場の近くで、「はためには限りなく歩いているように見えるジョギング30分」そのまま仕事に行きます。
 
 この習慣をどうにか1週間続けてみてよかったことは以下の2点です。

1,血行が良くなるからでしょうか、朝起きてそのまま職場に行くよりちょっとテンション明るめになれます。
2,朝のうちになにか少しでもやりとげておくと、なんだかそれだけでも残りの一日を無駄にする率が下がる。
朝の頑張り(というほどでもないかもしれないが)を無駄にしたくない、と思うので。

「この時間の電車(バス)に乗る」と決めておいて、逆算すると成功率が高くなりました。(勿論寝坊はいくらでもありうるので、乗る時間は第三候補まで作っておく……。)

 朝は時間が限られるので、「後回し」にしようがないというのもちゃっちゃと課題を終わらせられていいみたいです。

A朝の運動は15分くらいのDVDから

 本当はダイエットなら「ストレッチ→筋トレ→有酸素運動」の順がいいのでしょうけれど……。

 朝起きて自前でストレッチなぞしようものなら、開脚(してるつもり)で床に座るとかしたら最後、そのまま寝る自信があります。ええ。

 かといって筋トレは基本キライなので、これをオープニングに設定したら布団から出もしないでしょう(なんだその他人事口調は)。

 というわけで、僕的には、ウォーミングアップとクールダウン部のついている15分くらいのエクササイズDVD(しかも動きが複雑じゃないの〈書いていて悲しくなるほどに運動が苦手で嫌いなのだと実感……〉)が一番お目覚め運動に良いみたいです。

 30分やれれば脂肪燃焼効果が高いのも知っているんですけれどね……。もっそい飽きっぽいんで起き抜けにそれをやろうとすると、やっぱり布団から出ないでしょう。いずれできるようになるかな……。

 でも、まずは自分がヤんならない長さ・動きだけやってみると、案外終わった頃にはもうちょっとだけ頑張ろうかな、と思えました。「脳のやる気はやりはじめてから出てくる」という話を聞いたことがありますが本当なんだなと実感。

 で、この「もうちょっとだけ頑張ろうかな」ゴコロが尽きないうちに(3秒で尽きる〈真顔〉)、大急ぎで筋トレをする。これもせいぜい15〜20分くらいです。とにかく、とにかく!ヤんならずに毎日やるのが大前提なので(聞いた話ですが、腹筋以外は毎日やらないほうがいいそうなので、「腹筋・背筋」+ナニカで、順繰りにやってます。)今はこれが限界です。

 で、どうにか2kg減らせたのですが、別に見た目はそんなに変わりません。きつい服は相変わらずきついしさ。(そもそも2kg多かった時期が今年ワーストだったのであまり感動は無い)

 でもすこーし体の線が変わったかなと思うときもあります。光の加減かもしれないけれど。

 あとは、すこーし姿勢が良くなった気がします。目の錯覚かもしれないけれど(どんだけアテにならないんだ)。

 なにはともあれ、自分の中の不可能を1週間は突破できた、それは事実なので(趣味特技:「二度寝」。好きな言葉「うとうと」。数学的才能が皆無のくせに、二けたまでの暗算だけは少し早いのは、毎朝欠かさず目覚ましとにらめっこして「あと○分……」とやっているからという人間には「その時間に起きなくても遅刻しないのに早起きする」という行為がとにかく大変なのです……。)、どうかして続けていきたいと思います。

 今度はもっと鮮やかなご報告ができるように頑張ります。

 読んでくださってありがとうございました。
posted by Palum at 22:26| 100日間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月26日

12日目 (100日間で人は変われるのか、自分人体実験開始)A


2014年3月14日〜2014年6月22日(日)の100日間で自分がどのくらい変われるか頑張ってみたい」と書かせていただいてから12日後の今日。(凄い中途半端な中間記録)

 あんまり頑張れてない……。

 12日後の今日、私はようやく大きな間違いに気づきました。

 「100日がんばった結果はこうだった」ということをのたまわれるようになるまでに、まず「100日間毎日頑張れる自分」を作らなければならなかった。

そして100日頑張れる自分になるまでに私が越えなければならない精神的ハードルは相当に高かった……。

 さて12日前に打ち立てた目標は以下の通りです。

 1,毎日1時間運動をする(ストレッチも含めて)
 2,英語を毎日3時間勉強する(通勤中のアプリ使用等を含めて)
 3,1,2をやりつつブログも毎日更新する

 結論から申し上げますと……。

 1,運動……3日に一回くらい成功する。(ちなみに運動と言っても今のところまともにとりくめているのは「限りなくそぞろ歩きに近い」軽〜いジョギング程度です。「走るのは大嫌いだけれど歩くのは大好き」という変な体質なんで折衷でこんな感じ)
 2,毎日英語……隙間時間(通勤移動時間等)を含めて1時間程度。
 3,1,2をこなしつつのブログ毎日更新……1,2があんまできてないから計算不可能。

 上記の結果としては「グラム単位で体重が減った」止まりですね。英語は試験とか受けていないのではっきりわかりません。

 まずい……このままでは今年も「○○をガンバル!」と書いて、そしてがんばれなかったカレンダーがまた一冊積み重なってしまう……(だからそんな不吉なものとっておくな。)

 「習慣化は1つずつ」という話を聞いたことがあるのですが、今2個いっぺんにやろうとしているのがいけないのかもしれません。

 いろいろ考えると、やっぱり運動と英語は一気に鍛えたいのですが、とりあえずなんとなく、意外にも運動の方が好きみたいなので(体育の成績でいつも「楽しんで自発的に取り組む」的な項目にマイナスがついていた。)、まず、頑張って運動のほうを習慣化したいと思います。

 それから、「ちゃんと頑張れるようになってから100日後にしたいので、期日伸ばしますテヘペロ」とかやっちゃうと3年後あたりに100日目がくる可能性があるので、あるいは一生涯来ない可能性すらあるので(もっそい真顔)、やっぱり2014年6月22日を期日のままにしておきます。

 ところで「100日がんばれたらどのくらい人が変われるのか」の資料を探そうとググっていたら、Kazuさんという方の、本当に100日ダイエット頑張りとおした方の記録をご紹介されている「Sitemiru(シテミル)」というブログの比較的付近にその日はたまたま自分の初日の所信表明がでてきてしまい、顔から火を噴きそうでした。
(本当にほほに「ボッ」ていう感触がした。)
「Sitemiru(シテミル)」ブログのURLはコチラ
http://sitemiru.com/2013/08/15/youtube-100day-diet/
 

 このKazuさんという方は100日睡眠時間を削ってでも時間をひねりだして運動をして、食事に気を使うというシンプルにして難しい体調管理を達成して100日間で22kgものダイエットに成功したのです。人ってなんて凄いんだ(なんだその他人事口調は)。

 Kazuさんご本人のダイエットブログURLはコチラ。
http://kazudiet.jp/

 Kazuさんの動画(映像としても素敵なセンスだと思います)。
 

 この方の情報の近くに「100日」というキーワードがあったばっかりに近めの位置に表示されてしまった我が駄文。

 なんだろうこの申し訳なさ……うまくたとえられないけれど「ぼくはしょうらいだいりーがーになりたいです。きのおはおかしをたべてごろごろしてねてきがついたらあさでがっこうをちこくするのがいやなのでズルやすみをしました」という文章の近くにイチロー選手の格言とか並んでしまったらこのくらい気まずいと思います。

 それにしても(話題転換)がんばれるって素敵なことですね……。こんなに鮮やかな結果がでなくても、まずはその能力をすこしずつでも身に着けられるようにがんばります。

 というわけなので、また結果、およびかならずや生じるであろう魂の葛藤の道程を(「言い訳」って奴では)をご報告させてください。

 次は少なくとも今日より頑張れている自分になることをここに誓います。

 読んでくださってありがとうございました。
posted by Palum at 19:53| 100日間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月14日

1日目(100日間で人は変われるのか、自分人体実験開始)

 2014年6月22日(日)

 本日から100日後です。

 コチラのページ(みんなの知識「ちょっと便利帳」)で計算させていただきました。
http://www.benricho.org/nenrei/day_calc.html

 なんでそんなもの数えてみたかといいますと、

 「人はどのくらいの月日をかければ、変われるのか」

 よく言われることですが、これを自分で実験してみたくなったからです。

 というのも、私は無類の怠け者。

「怠け道」においてのび太がマスター(達人)なら、私も師範代くらいは余裕でとれます。

 いや、あやとりと射撃と昼寝という無類の特技(昼寝については座布団を床に置くと同時にそれに頭を乗せ、その最中〈頭が空中にあるうち〉に眠りにつけるというある種の神業を披露したことがある〈何巻だったかな……探しときます。〉)が無い上に、彼と違ってドラえもんのひみつ道具で商売を始めるバイタリティが無いんで、はるかに劣るかもしれません

 で、このままではいけないなあと思いつつ幾星霜。
(かくして「今年は〜する」とか新年に書きこんだカレンダーが空しく溜まる〈そんな不吉なものとっておくな〉)

 私がいかに怠惰で根気が無いかは、かつてのブログ更新頻度を見ていただけば明らかです。(よく3か月とか半年とか「死んだのか」みたいな期間沈黙していた)

 別に人より忙しかったわけでもないのに(むしろひまだろお)、好きな作品をご紹介させていただくという作業でもこの有様。

 でも、最近、すこーーーーし、マメさにおいて、自分がマシになった気配があります。

 お陰様でブログ毎日更新は続けられるようになりましたし。

(それまで勉強やら文やらにとりかかろうとしても机に向かうまでに3日かかるような「お前の机は他国に置いてあったのか」というほどの無精者でしたが、度重なるなんかホントにヤんなっちゃう出来事とか、過去記事でも書かせていただいた「ルーマニア人のBogdan Ota(ボグダン・オータ)氏という情熱に満ち溢れた曲を書くピアノの達人が、全然売れずに国を出て運搬会社で働きながら、コツコツと1日5、6時間は修行して腕を磨いた」という話になんか突然真剣にうちのめされて、「(状況を変えるために)自分の行動を変えよう」と思い立った)。

ボグダン氏の「ノルウェーゴットタレント」というオーディション番組での映像はコチラです。



 僕も大人になってから随分経つんで「遅すぎないかおい」と背後で誰かがささやいていますが、しかし今更でもしないよりまし。

 というわけなので、ここに100日間の目標をうちたててみます。

 1,毎日1時間運動をする(ストレッチも含めて)
 2,英語を毎日3時間勉強する(通勤中のアプリ使用等を含めて)
 3,1,2をやりつつブログも毎日更新する

 何キロ痩せるとか、腹筋をチョコレートのように割るとか、TOEICで満点をとるとかカッコいく書きたいところですが、まずは「習慣化」のほうを目指したいと思います。

 じゃないと、ちょっとでも停滞すると、「『あー青い海も空もバカヤローだうまれてすみません』と言いつつ、別に自殺等には走らずただ飲み食いしてふて寝する人」という従来の自分(←……)にたやすく逆戻りしてしまうに違いないので、そこだけは自信あるんで。(大人の何が良いって、自分がどのくらいダメかの見積もりだけはできるようになること〈自慢になるか〉)

 でも100日後にこれらを続けたことで何らかの結果が出て、6月22日が何かの記念日となるようにしようと思います。
 
 しかし、これだけだとあまりにも地味なんで、こういう気分に至るまでに色々読み漁ったガンバル気になれる本とかネット情報とかをご紹介させていただき、「自分人体実験(ネーミングのわりにやること相当ヌルイが)」の観察記録以外に、何かを習慣化してみたいと思っている方の一情報源となれるようにいたします。

 これからしばらく、土日はこういうちょっと自分自身にまつわる記事を書かせていただくことがあると思いますが(もっと大事なご紹介がある場合はそちらを優先します)、いつものテレビや漫画のご紹介記事同様よろしければ立ち寄ってみてください。

 ちなみに、なぜ土日かと言いますと、最も自分を甘やかすからです……。書かせていただかないと危なくて仕方が無い……。

この記事の続きは以下の通りです。

A12日目(私本人にまつわる内容は「あんまりできませんでした」という言い訳のみですが〈さっそくかい〉100日で22kg痩せたというKazuさんという方のブログと動画をご紹介させていただきました。これは感動的です。〈←虎の威を借る狐〉)

 読んでくださってありがとうございました。
posted by Palum at 23:22| 100日間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする