2017年04月15日

(終了間際)展覧会「これぞ暁斎!」おすすめ作品


 本日も、幕末明治の絵師、河鍋暁斎の展覧会「これぞ暁斎!」についてご紹介させていただきます。

 渋谷bunkamura公式HPはこちらです。
 http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/17_kyosai/



 残念ながら東京での会期は今週末まで(2017年4月16日)となってしまいましたが、盛況で、しかも絵それ自体と春風亭昇太さんのナビのため、あちこちの人だかりの背中から、「ふっ」「ふっ」と忍び笑いが聞こえてくる、独特な空気感となっていました。

 展示作品で、個人的に好きだと思った絵は、一見暁斎作品の中では、地味なようで、でも味わい深い次の二作品です。

1、「蓬莱七福神図」

 緻密なタッチで描かれた深山と川、この風光明媚な風景の中のあちこちに七福神がくつろいでいるという楽しい絵です。

 中でもほほえましいのは川べりの様子。

 今、船着き場についたのは布袋様と大黒様の小舟。

蓬莱七福神図(部分)布袋様と大黒天様.png
(蓬莱七福神図〈部分〉布袋様と大黒様)

 大黒様は「お持ちしましたぞ」というように、高々ととっくりをかかげています。

 その視線の先には福禄寿様。

蓬莱七福神図(部分)福禄寿様.png
(「蓬莱七福神図」〈部分〉福禄寿様)

 「待っておったぞーい!」
とでも話されているのか、両手を広げ、白髪をなびかせ嬉しそうに駆けてきます。

よく見ると福禄寿様の背後の建物では、毘沙門天様が酒杯を手にしており、福禄寿と杯を交わしていたことがうかがえます。

 そろそろお酒が切れる……。というタイミングで、大黒天様達が酒を調達してくれたという場面のようです。

 そんなやりとりを背中に聞きながら、恵比寿様は光る水しぶきの見えるような勢いの良い清流に釣糸を垂れています。

 掛け軸の上下に広がる空間に、抜けるように広がる、楽しげでせいせいとした雰囲気。

 目の前にかけて、眺めながら一杯やりたいような気分にさせられる作品です。



2「閻魔の前の鵜飼」


 能の「鵜飼」を元にした作品です。
(なんか暁斎って絵以外は雑そうなイメージを持っていましたが、能に精通しており、自身の舞の腕前も中々のものだったそうです。〈「暁斎画談」より〉)

 裁きの席につく閻魔大王、地面には白装束の老いた男が正座をしており、青ざめた顔で節くれだった手を合わせ、必死に許しをこうているようです。

 閻魔の側には死者の生前の行いを映すという鏡。

 丸く大きな鏡の表には、月夜に細く漁り火がたなびき、靄の漂うような茫様の中に、小舟に乗って鵜たちの綱を引く、生前の鵜飼の輪郭をほのかに浮かび上がらせています。

 能の「鵜飼」は、鵜飼は漁で殺生をした罪を負い、成仏できず幽霊となって、僧に供養してもらうという筋立てですが、この絵には暁斎独自の解釈がなされています。

 おののいて、閻魔大王をひたすらに拝む老鵜飼の周囲に、鵜たちが彼をかばうように集まっているのです。

閻魔の前の鵜飼(部分).png
(「閻魔の前の鵜飼」〈部分〉)

 鵜飼の震える膝、曲がった背中にとまる者、細い首をくるりと鵜飼の身にまわし、長いくちばしをすりつける者。

 今駆けつけたというように、鵜飼めがけて飛んで来る者。

 出来る限り鵜飼の身を自分たちの身や羽で囲み包もうとしている一羽一羽の姿からは、彼がいかにこの鳥たちを可愛がり、丁重に扱っていたかがうかがえます。

炎のような顔と巌のように大きく重々しい姿の閻魔大王と、青ざめてうつむく老いた鵜飼の痩せた体、彼をかばい、閻魔大王にとりなそうとするような鵜たちの黒くほっそりとした姿は、画面で対称をなし、罪と罰という直線的倫理を超えたあわれを醸します。

 暁斎といえば卓越した画力と奔放な想像力とで、人の目に飛び込んでくる鮮烈大胆な絵の印象が強かったのですが、この二作のような、覗きこんだ者の目と心にじんわり染み込んでくるような作品があるというのを、今回の展覧会で知りました。

 非常に繊細な絵なので、是非お出かけになって直接ご覧になってみてください。強烈な絵、ユーモラスな絵の間で意外な妙味を感じ、ますますこの画家の奥行きに魅せられると思います。

 読んでくださってありがとうございました




(参考文献)
・「暁斎画談(外篇巻之下)」
・「これが暁斎だ!」展覧会図録
posted by Palum. at 01:07| 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ