2016年09月19日

ドラマ「夏目漱石の妻」放送お知らせ

 取り急ぎお知らせまで。

 NHK総合2016年9月24日(土)夜9時からドラマ「夏目漱石の妻」が放送されるそうです。(全4回)

 かつては文豪の妻に不似合いな、文学的素養の無い、夫をないがしろにする悪妻と言われた夏目鏡子夫人。
 
 しかし、親族の証言から、実際には、時に精神的変調から家族に暴力すら振るったという漱石の不安定な部分を支えた、気丈で裏表の無い、魅力的な人物であったことが明らかになっています。

 今回のドラマは、こうした鏡子夫人と漱石の関係を、鏡子夫人の手記『漱石の思い出』を下敷きに描いているそうです。(大変素敵な本です。)

 漱石の思い出 (文春文庫) -
漱石の思い出 (文春文庫) -

 番組公式HPはこちらです。
  ・TVドラマ「夏目漱石の妻」

   http://www.nhk.or.jp/dodra/souseki/index.html
 
 番組スピンオフのショートドラマ「漱石先生を待ちながら」の動画ページはこちらです。
 (漱石の家で、出入りする門下生たち〈スピードワゴンの小沢一敬さん、井戸田潤さん、カルマラインの柳原聖さん〉が、不在の漱石の噂話をする、という内容だそうです。)
  ・漱石先生を待ちながら 第一話「先生と悪妻」

   http://www3.nhk.or.jp/d-station/episode/souseki/6266/
 
 「ダ・ヴィンチニュース」のドラマ評はこちらです。
 ・TVドラマ「夏目漱石の妻」で長谷川博己・尾野真千子が夫婦役に! 文豪・夏目漱石のユニークな夫婦生活を描く

  http://ddnavi.com/news/296027/a/
  

 「いろんな男の人を見てきたけど、あたしゃお父様(漱石)が一番いいねぇ」
 そう、晩年に孫の半藤末利子さんに語ったという鏡子夫人。

 「病気の(精神的変調が起きている)ときは仕方がない、病気でないときのあの人ほど優しい人はいないのだから」
 そう割り切って、漱石の理不尽な言動を、その嵐が過ぎるまでは、子供たちの盾となりながら耐え、それでも普段の漱石の優しい部分を、決して忘れなかった鏡子夫人の生きざまは、普段一緒にいるからこそおろそかにしがちな、夫婦や家族の愛し方を思い出させてくれます。

 私はこの鏡子夫人の手記から、鏡子夫人の頼もしくて暖かい人柄とともに、むしろ我々が知らなかった、非常に優しくて、ときに愛すべき欠点のある漱石像を知ることができ、あのあまりにも偉大な文豪をますます敬愛するようになりました。

 漱石と鏡子夫人のドラマといえば、かつて本木雅弘・宮沢りえの強力タッグで「夏目家の食卓」(2005・TBS)という非常に魅力的なドラマがあり、鏡子夫人悪妻説の真実を広く知らしめるきっかけとなったのですが、今回のドラマでも、この夫婦の愛のある部分を描き出してくれると思うのでとても楽しみにしています。

 ご覧になり、そしてできれば「夏目漱石の思い出」もお手にとってみてください。

 当ブログでもこのドラマ、および漱石没後100年にちなんで、漱石関連のエピソードを随時ご紹介させていただく予定ですので、よろしければお立ち寄りください。

 当ブログ、これまでの漱石関連記事は以下のとおりです。併せてご覧いただければ幸いです。

あなた、私は、ちゃんとここにいますよ」(夏目漱石と鏡子夫人)
「いいよいいよ、泣いてもいいよ」(夏目漱石の命日)
月がきれいですね。(中秋の名月と夏目漱石)
ミレイの「オフィーリア」と夏目漱石の『草枕』
「兄さんは死ぬまで、奥さんを御持ちになりゃしますまいね」(随筆『硝子戸の中』と小説『行人』)

 読んでくださってありがとうございました。


posted by Palum. at 23:58| 夏目漱石 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする