2016年09月17日

映画「アンタッチャブル(The Untouchables)」(1987年アメリカ映画)ご紹介(なにもかもが完璧な傑作映画)

 イマジカTVをご覧になれる方へ、取り急ぎお知らせです。

 2016年9月19日(月)16:00〜18:15、アメリカの名作映画「アンタッチャブル(吹き替え版)」(1987年 アメリカ)が放送されます。

 公式HP情報は以下のとおりです。
 http://www.imagica-bs.com/program/episode.php?prg_cd=CIID165241&episode_cd=0001&epg_ver_cd=03&epi_one_flg=index.php 
アンタッチャブル スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray] -
アンタッチャブル スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray] -

 禁酒法時代のシカゴ、対立勢力を抹殺し、政府、警察をも買収して、もはや実質的な市長と言われるほどの権力を持ったマフィア、アル・カポネに立ち向かった、アメリカ財務省捜査官チーム「アンタッチャブル」の戦いを、実話をもとに描いた作品です。

 なお「アンタッチャブル」とは「あざーす!」と「横山やすしの再来」のアノお笑いコンビ様ではなく、「不可侵のもの」という意味。
 (英辞郎 on Webの「Untoucheble」の意味URL……http://eow.alc.co.jp/search?q=untouchable

 もはや財務省内部の人間も、カポネに買収されているか、怖気づいているかで、本当に捜査に携われる人間がほとんどいないという状況下、何者にも惑わされぬ意思を持った者たちというニュアンスだと思われます。

 個人的に1980年〜1990年代が、アメリカ映画の豊穣期だと思っているのですが(演技が丁寧に撮れているし、ストーリーの中で、現実のシビアさと、人の心の美しい部分の両方が描かれている、そのさじ加減が絶妙)これもそういった傑作の一つです。
 
 なお、デ・ニーロ演じるカポネが仲間が集まる食事の席で、いきなり裏切り者をバッドで殴り殺すシーンや、乳母車が転がり落ちる中での階段での銃撃シーン(※1)は有名で、他の映画でパロディ化されています(※2)。

(※1)元々「戦艦ポチョムキン」という映画の一シーンを踏襲したもの
(※2)前者は三谷幸喜の「マジックアワー」、後者は「裸の銃を持つ男33 1/3」で観ることができます。

 作品のあらすじは以下のとおりです。

 マフィアたちの抗争と腐敗がはびこる町シカゴに新たに赴任してきた財務省エリオット・ネス(ケビン・コスナー)は、アル・カポネ(ロバート・デ・ニーロ)を逮捕しようと躍起になるが、捜査に失敗し、周囲の嘲笑を浴びてしまう。
 
 市民が犠牲となる事態が相次いでいても、もはやシカゴの公の権力から、本気でカポネを倒そうとする人物はいなくなっており、孤立無援のネス。

 しかし、彼は偶然出会った初老の警官マローンに気骨を感じ、彼に協力を依頼、マローンにスカウトされチームに加わった若き射撃の名手ジョージ・ストーン(アンディ・ガルシア)、財務省簿記係のオスカー・ウォーレス(チャールズ・マーティン・スミス)とともに、チームを結成し、再び捜査を開始する。

 (マローンにチームに加わってくれるように頼むネス。〈職場の人間に聞かれることを恐れて教会に呼び出している〉)
 
https://www.youtube.com/watch?v=xPZ6eaL3S2E

 今や実現不可能と思われる豪華出演陣それぞれの名演怪演と、凶悪なマフィアとの息詰まる戦いの中で生まれた男たちの友情を描いたストーリー、衣装(ジョルジォ・アルマーニ)(※3)や音楽(エンニオ・モリコーネ)(※4)に至るまで、非の打ちどころの無い作品です。

(※3)シルエット帽にコートというエレガントないでたちで銃を構えるケビン・コスナーをはじめとして、誰の目にもわかる品の良い仕立てが映像に華を添えていますが、ショーン・コネリーは自分の役柄上ありえないと思ったのか自前の服で臨んだそうです(ウィキペディアより)。
 こちらもほどほどに着古した感じやハンチング帽との組み合わせが、うなるほどに粋。かつケビン・コスナーと並ぶと対比の妙があります。(中年〜熟年男性のファッションのお手本になると思います)
 異なる価値観がどちらも映画をより素晴らしくしたという珍しい例

(※4)エンニオ・モリコーネ
 1950年代から現在に至るまで活躍している作曲家。映画音楽作品では「ニュー・シネマ・パラダイス」や本作「アンタッチャブル」などが有名。勇壮、官能、不吉、癒し、郷愁と、あらゆる印象の名曲を作り上げる巨匠。小泉元首相、葉加瀬太郎、チェリストのヨー・ヨー・マ等、有名人のファンも多い。(この流れで書くのもなんですが私も大好きです。)

 アンタッチャブルサントラは入っていないのですがアルバム視聴動画があったので張らせていただきます。この中だと8曲目の「La Califfa」がおススメです。


https://www.youtube.com/watch?v=Jjq6e1LJHxw


 見どころ満載というか、見どころ(&聴きどころ)しかない名作なので、ぜひご覧になってみてください。

 (この日は「ハリネズミホテルへようこそ」、「クリスティのフレンチミステリー ABC殺人事件(AXNミステリー)」も再放送され、個人的には好きな作品が急に大集合しています……。よろしければ当ブログ関連記事も併せてお読みください。
「クリスティのフレンチ・ミステリー「ABC殺人事件」(ドラマ独自の年の差恋愛も見どころ)
イギリスのハリネズミ愛(地球ドラマチック「ハリネズミホテルへようこそ」によせて)

 映画「アンタッチャブル」については今後もう少し詳しくご紹介させていただく予定です。

 読んでくださってありがとうございました。


(参照ページ一覧 ※すべてウィキペディア)
 ・映画「アンタッチャブル」
 ・「アル・カポネ」
 ・エリオット・ネス
【関連する記事】
posted by Palum. at 07:30| おすすめ映画(英米) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする