2016年08月30日

(100日間リベンジ再び)5週目 (ダイエット停滞気味、絶賛夏バテ中 おススメ本発見)


※今回は日記です。

100日間、文書きとか悪習慣断ち(無駄酒、無駄インターネット)とか、ダイエットとか英語とか頑張ります!と宣言させていただいた、その経過とその他つれづれを書かせていただきます。
 これまでの経過一覧はコチラです。

1,ダイエット

 先々週、1.2kg減ですバンザーイとご報告いたしましたが(先週もキープだったのですが)、そこから1kg増えました……。

 結構不摂生(寝不足+ヌルイカロリー制限+夏バテウォーキングサボり)なクラシだったんで仕方ないかなと思いますが、毎週こうパッとしない経過をご報告するのも哀しいものがあります。

 明日からなんとしてでもウォーキング復活させます。

 ところで、この「100日間リベンジ再び」4週目の言い訳を見てくださったかたの人数が一時期増加したことがあり、ま、まさか、このグダグダ経過に関心を持ち始めた方々が?と、焦りましたが、同じ記事内で、NHKのイルカ番組(「地球ドラマチック 海からの使者 イルカ」)ご紹介をしていたせいだと気づきました。

 アイルランドの孤高のイルカ、ダスティと、彼女を愛し共に泳ぐオランダの人類学者ヤン・プローグ(Jan Ploeg)氏の魂の交流について調べていて偶然このブログにたどり着いてしまった人は、私のダイエット挫折言い訳も併せ読まされさぞ不毛な思いをしたことでしょう。ヤン・プローグさんのブログ探すのに結構頑張ったのでどうか許してください(汗)。
 ヤン・プローグ氏のブログ英語版はコチラです。
 http://www.janploeg.nl/english.html

 恥ずかしいんで今後は日記とその他の話題はきっちり分けようと思います。

 余談なのですが、このヤン・プローグさんのブログを探しの際、お名前の綴りがわからず、こんな流れで目当ての情報にたどりつきました。

「オランダ人の『ヤン』ってどう書くんだろう」
→「オランダ人画家で、ヤン・ステーン(※)っていたな」
→(ヤン・ステーンで検索、ウィキペディアに「Jan Steen」の綴りあり)
→「Jan dolphin Ireland」をキーワードに検索
→「Jan Ploeg English Version」ブログに到着

(※)ヤン・ステーン 
 風俗画で有名な17世紀の画家。静謐な画風のフェルメールと異なり、酒場で騒ぐ人々などを教訓を織り交ぜながらも生き生きと描いた。本人が兼業で居酒屋を営んでいたという異色の経歴の持ち主。

 何故「ヤン・ステーン」について知っていたかと申しますと、絵が好きだけどアナログの申し子な親に命じられて、ウィキペディアからすでに著作権切れになって掲載されている彼の作品をしこたま印刷させられたからです。(日本で入手できる画集が少なかったので)。
居酒屋にて(部分)(撮影者 The Yorck Project: 10.000 Meisterwerke der Malerei.)

ヤン・ステーン.png

 親しい友人が撮ったスナップショットのような生き生きとした情景。オランダの風俗画には当たり前のように犬が一員として混ざりこんでいるのが個人的には好感度高いです。
 ヤン・ステーンウィキペディア画像集はコチラ

 確かに良い絵だなーとは思いましたが、サイズがバラバラだったから印刷時に調整したりして地味に大変でした。
 
 でもおかげでプローグさんのブログにたどりつけたんで、親に、あの作業が役に立ったと伝えたら、「ほら見ろ、きっとそういうことになると思ったから頼んだんだ」とあまりにも見え透いた嘘をつかれました。なにが「ほら見ろ」なんだ……。

2,無駄ネット

 ゴシップ記事閲覧禁止は順調に更新できています。わたなべぽんさんの「やめてみた」情報が本当に効きました!

やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方 -
やめてみた。 本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方 -


 でも、ニュースとか、Kindleセール本を探すとか、「無駄とは言い切れないけど、今読まなきゃダメか?」的部門の閲覧がまだ完全にはやめられていません。

 それでも昔よりは本当に減らせたと思うのですが、まだ、ヘトヘトなときや、やらなきゃいけないことがあるときほど手が伸びてしまいます……。

 ついこの間、この状況を見事に分析してくださっている本を見つけました。
『ストレスが消える「しない」健康法』(小林弘幸 著)

ストレスが消える「しない」健康法 (角川SSC新書) -
ストレスが消える「しない」健康法 (角川SSC新書) -


(以下「【ストレスのサイン】ネットニュースをだらだら見続けてしまう」部より引用)
 「ストレスを感じてるときにやってしまう行動」というのも一つのサインとして注目すべきポイントです。
(中略)ネットニュースに没頭し、特に興味があるわけでもないのに次から次へとニュースを読み続け、気が付けば一時間以上たっていた。
 これこそ体がストレスを感じ、無意識に現実逃避をしている典型的なサインの一つです。(中略)
 最初は「嫌だな」「つらいな」という感情を抱きますが、しばらくすると、「あ〜あ、もうどうでもいいや」と投げやりになったり、考えることをやめて、心に蓋をしてしまうことがあるでしょう。
 そんなときは、ただぼんやりと「与えられる情報」を受け続けるという行動をとりがちになるのです。
 ネットニュースを見続けるというのは、まさにその典型的なパターンです。
(中略)このように頭を使って主体的に行動するのではなく、単なる反応としてその行為を繰り返してしまうときは、体がストレスを受け、アクティブになれない状態だと考えられます。
 こんな状態のとき、一気に「さあ、仕事に戻ろう」と気持ちを切り替えるのは簡単ではありません。「ああ、またネットニュースに没頭しているな」「自分はストレスを受けているんだな」と認識し、「いったい何にストレスを感じているんだろう……」と考えるだけでも、冷静で、客観的な思考になれます。



 こっ小林先生………!!!(キラキラ目+祈り手)

 ネット中毒という問題があることについては色々な本で言及されていますが、「よくないストレス→思考停止→与えられる情報を受け続ける(無駄ネット閲覧)」という流れを専門家の先生がつぶさに書いてくださっている文章になかなか出会えなかったので、非常にありがたかったです。

(ストレスが原因で見ちゃうんだなとは自分でもうすうすわかっていた〈楽しくてやめられないときと明らかに心境が違う〉けど、理路整然と説明していただけるととても助かる。中毒者は自分で自分がコントロールできないので混乱しているのです。)

 この本では、「ストレスを恐れすぎず、しかし、ストレスを感じた際、気力で乗り切ろうとするのではなく、まずはストレスに起因する自律神経の乱れを整える行動をとる」ということを勧め、その方法(席を立つ、深呼吸、朝食をとる、等)を理由とともに具体的に説明してくださっている模様です(感動して読み終えて無いのにフライングご紹介〈汗〉)

 自分の状況にはとても合っていると感じたので、熟読してできるだけ生活習慣にとりいれたいと思います。

3,減酒

 先週よりちょっと酒量が増えてます。「くぴ飲み(半缶)」が「ぐび飲み(ほぼ一缶)」くらいに……。
元々は「人と一緒に適量しか飲んじゃダメ」って決めてたのに、ズルズル堕落している……(汗)。

 このままではイカンので、わたなべぽんさんが上記「やめてみた」で書いてらした、「炭酸水への切り替え」頻度を増やすべく、ちょっとフンパツしたレモン果汁(国産オーガニック)を買ってきました(オリゴ糖で割るとヘルシー美味しい)。今週は上記目標を厳守いたします。

 これもネット同様、別に好きだからではないので、ストレス対処についても鍛えていきます。

 ……というわけで、先週より全体的にちょっと後退してしまいました。ですが「これはマズい」とアタフタしていたら良著との出会いがありましたので、来週は挽回したいと思います。

 読んでくださってありがとうございました。

posted by Palum. at 23:13| 100日間リベンジ再び | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ