2016年08月07日

イルカたち、フグ毒を回し飲みしてハイになる(イギリスBBCドキュメンタリーより)


前回は、「夏向き癒しのイルカ動画」と銘打って、僕が「イルカかーわいい(愛)!」と思った動画をご紹介しましたが、今回はそのときちょっと脇によせといた動画をご紹介します。度肝をぬかれましたが、かーわいい(愛)!とか、癒しとかとはちょっと違うな……と思ったので……(汗)。

動画タイトルは「Dolphins purposely 'getting high' on pufferfish(直訳 イルカたち、意図的にフグでハイになる)」
pufferには「ぷっと吹く」の意味もあるそうですが、それで「pufferfish」って、音の感じといい、なんかイメージにあっていますね。



https://www.youtube.com/watch?v=msx3BAhIeQg

Dolphins: Spy in the Pod(直訳イルカ:群れの中のスパイ)」というBBCドキュメンタリーでウミガメ姿の隠しカメラ(かわいい)が偶然とらえた映像だそうです。
Pod……この場合、イルカやクジラの少数の群れのこと

Youtube動画の説明文を引用させていただきます。

Bottlenose dolphins play with toxic pufferfish that secrete a neurotoxin that in high doses can kill but in small doses seemingly have a narcotic effect.
(直訳)バンドウイルカが摂取量が多ければ致死性だが少量なら麻薬効果があると思われる神経毒を分泌する有毒フグで遊んでいる。

冒頭、一頭のイルカがフグをくわえてつーっと水面にあがっていきます。

それに他の4頭が加わり、水面近くに垂直に体を寄せ合って、ぶきゅきゅぶきゅきゅ……と言いながら、フグをつついたりくわえたりしています。

ご存知のとおり、フグは猛毒の持ち主で、イルカに捕らわれ身の危険を感じたこのフグは、青酸カリをはるかにしのぐという猛毒(テトロドトキシン)を分泌させているのですが(水面の茶色いもやのようなものがそれらしいです。)イルカは絶妙な力加減でフグをくわえたりつついたりすることで、この毒を弱く出させて、ハイになってる模様です。
(ていうかいくら弱く出してしかも水中で薄まっているといっても、これ好きで吸うなんてイルカって物凄く丈夫なんだなと思いました。この近く人が泳いでいたら死んじゃうんじゃ……?)

驚いたことに、最初にフグを「おー、いいブツが手に入ったぜい」みたいな感じでいそいそ捕まえてきたイルカは、集まってきた仲間たちに、フグを口移ししたり、ボールのようにパスして互いにシェアしています。

まるで外国の街のかたすみで、たむろする若者たちが「お前も一服やるか?」と自分が吸っていたナニカを仲間に手渡すように……。

ぷきゅぶぶ、ぴゅいーと相変わらず声はカワイイですが、途中から目はうつろ、口は半開き、互いに折り重なるようにバクゼンと水中を漂い、明らかに「ウケケケケ!」状態。
前回ご紹介した動画の優しく真面目そうな素面のイルカさんたちと見比べてみてください。)

こんなウケケケ状態で、うすめた青酸カリちょいなめみたいなことやっていて、たとえば間違えてフグ強くくわえて毒汁ブシャー!(ふなっしー調)で事故死なんてことがイルカ史史上なかったのかと心配になりますが、このときはイルカたちが自分の世界にトリップしている最中に(エキゾチックなBGMがまた別世界ムード醸してる)、命からがら抜け出したフグが「ひいいい……!」という悲鳴が聞こえてきそうなほど一目散に逃げだして(うん、ウケケケイルカにあんなに取り囲まれちゃあ怖いよね……)過激なパーティーは幕を閉じています。

ある意味では人間をもしのぐのではないかと言われる高い知性の持ち主であるイルカが、それゆえに人間同様、その知性を、危険な方面にも活かしてしまっているというお話でした。

今回参照させていただいた記事は以下のとおりです。(どちらも動画、画像つき)
「Flipper's bad boy cousins! Dolphin pod gets 'high' off pufferfish toxins (and they're too buzzed to spot their prey slip away)」(「Mail online」2015年3月9日記事

イルカはフグ毒で”ドラッグ遊び”をしていることが判明…英BBC調査」(Technity 2014年1月1日記事)


ちなみに、上記「Mail online」のWeb記事のタイトルは、意訳すると「フリッパーの悪いいとこたち!イルカの群れがフグ毒でハイになる(そして彼らはあまりに酔っ払いすぎて獲物〈フグ〉が逃げ出したことに気づかなかった)」ですが、この「Flipper」は、アメリカのテレビドラマ(後、繰り返し映画でリメイクされている)に登場するイルカの名前だそうです。なんかステキなセンス……。

フリッパー [DVD] -
フリッパー [DVD] -

それしても、この映像で、イルカの生態そのものにも驚きましたが、この映像をものにしたイギリスBBCの製作者たちの執念と技術にも圧倒されました。イギリスの自然番組は総じて非常にレベルが高く、いつも、どうやって撮ったの!?と思わされる、鮮明でユニークな映像が見られますが、今回の「ソックリウミガメラ(勝手にドラえもんのひみつ道具みたいなネーミングにするな)」もそのひとつ。
当ブログ「自然番組の撮影方法(BBCドキュメンタリーより)」でご紹介させていただきましたので、よろしければ併せてお読みください。


https://www.youtube.com/watch?v=80BXZfuevkE

当ブログでイルカに関する情報をご紹介している記事はコチラです。

夏向き癒しのイルカ動画
イルカたち、フグ毒を回し飲みしてハイになる(イギリスBBCドキュメンタリーより)
自然番組の撮影方法(BBCドキュメンタリーより)


読んでくださってありがとうございました。
posted by Palum. at 00:00| おすすめ動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ