2011年05月22日

極上美の饗宴 並河靖之の七宝


 間際になってしまい申し訳ないのですが、取り急ぎ美術番組情報をお届けさせていただきます。

 本日(2011年5月11日【水】)13:00〜13:58にNHK BSプレミアムで「極上美の饗宴シリーズ“いのち映す超絶工芸”色彩めぐる小宇宙 七宝家 並河靖之」という番組が放送されます。
 繊細にして大胆な技巧と色彩と空間構成で、日本の花鳥風月を作品の中に封じ込めた明治七宝。それは日本ばかりでなく、海外の人々も熱狂させました。

 この番組の貴重と思われるところは、皇室所蔵の並河靖之の作品「黒地四季花鳥図花瓶」が360度から高画質で撮影されているところだと思います。

 春の夜ふけを思わせる艶やかな黒地の中に、緑の繊細なモミジが折り重なり、ぼうと浮かび上がって見える、桜は指の背で撫でれば花吹雪となってさっと散りそうに見える、その中を飛ぶ、ふっくらとして目のかわいらしい小鳥、咲き乱れる色とりどりの花々。

 映像を見たとき、その見事さに、息が出来ないほど感動いたしました。
 
 実は、イギリスにいたときに、日本美術をこよなく愛する紳士とお話する機会があったのですが、そのお方が、
「並河靖之の作品は世界屈指の美しさです、中でも皇室所蔵の作品にはほとんど気絶しそうになる。」
と、大真面目におっしゃっていました。

 あの落ち着いた英国紳士が気絶しかけたというのは、間違いなくコレだなと、わたしも意味のわからぬ逆上をしながら確信いたしました。本当にモミジが浮かんで見えるんですよ。3Dでもないのに、どんな魔法なのかと思いますが、それが日々の自然の観察や地道な研究の果てに出来上がっているのだという点が番組を通して学べます。

 できれば録画をなさってください。すさまじいです。そしてこの優れた文化を生み出した国の人間であることが誇らしくなります。


当ブログの明治工芸に関する記事(今回の物を含む)は以下の通りです。よろしければ併せてご覧ください

極上美の饗宴 並河靖之の七宝
極上 美の饗宴 「極上美の饗宴シリーズ“世界が驚嘆した日本”七宝 幻の赤を追う」
「超絶技巧!明治工芸の粋(すい)‐村田コレクション一挙公開‐」 展覧会概要ご紹介
「超絶技巧!明治工芸の粋(すい)‐村田コレクション一挙公開‐」おススメ作品(七宝編1 並河靖之作品)

読んでくださってありがとうございました。
posted by Palum. at 11:39| 番外編・おすすめテレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ