2010年04月07日

コロンボの犬とアルベール・カーン氏(番組紹介)

@ 明日(2010年4月8日【木】)BS2の「刑事コロンボ」で「愛情の計算」が放送されます。

この回は、コロンボの愛犬のバセットハウンドがたくさん出てくるので、コロンボの犬の、「何もしないっぷり」に猛烈に和むファンの人々は、お見逃しなさいませんように。

(自分を含めて、結構いるとにらんでますぜ、あっしは【←誰?】)
 
※「刑事コロンボ」については過去に二度書かせていただいておりますので、よろしければ、こちら過去記事の「祝砲の挽歌」「愛情の計算」をクリックしてみてください。

(今度は「ロンドンの傘」が放映される際に、ご紹介させていただく予定です。)



A 2010年4月5日から16日まで、深夜0時に、BS1で「奇跡の映像 よみがえる百年前の世界」というイギリスBBC制作のシリーズ番組(全10回)が再放送されます。
 
(二ヶ国語放送、とても聞き取りやすい英語で、内容も勉強になります)

 NHKの、番組第1回〜第3回の紹介ページURLは下記の通りです。
 (本日2010年4月7日時点で、第1、2回は放送終了しています)

 第1回 大富豪カーンの“夢"
 第2回 激動の世紀への胎動 
 第3回 かげりゆく共存の輝き

 
 フランスのユダヤ人大富豪アルベール・カーン氏(1860〜1940)は、1908年から1930年にかけて、私財を投じ、世界中にカメラマンを派遣、当時の各国の様子を、カラー写真や動画で記録しました。
 
 番組は、このアルベール・カーン氏の映像コレクションを、各国の歴史や当時の時代背景とともに紹介します。
 
 これは本当に良い番組です……。

月曜日から放映されていたのに、気付かず、ご紹介が遅れて残念。

 
 世界中が、利益を求め、他国を抑圧し、武力を行使していた時代に、アルベール・カーン氏は、互いの文化を理解し合えれば、それが世界平和につながるはずだと信じて、この大事業を推進しました。
 

 百年前の世界といわれると、我々はどうしても白黒の写真を思い浮かべてしまいます。

 しかし、カーン氏の写真は、昔も、人々は温かな血を通わせ、美しい民族衣装を凛とまとい、あらゆる立場、文化の中で生きていたこと、そして、生身の人たちが、戦争で傷つき、死んでいったことを物語っています。

 ただ、歴史的資料価値があるだけではなく、等身大の人々の息遣いや、一瞬垣間見える日常の輝きをとらえた作品も多く見られます。
 


 特に第10回、「カーンが見た“ニッポン"」(2010年4月16日金曜深夜[土曜午前]0:00〜0:50)は必見。

 アルベール・カーン氏は、1908年の旅行を皮切りに、何度か日本を訪問し、その文化に強く魅了されました。この旅が彼の写真コレクションのきっかけになったと言われています。

(この年から、カーンは各国をめぐる旅に出ており、日本もその旅程のひとつでした。最初に書いた文では、日本だけがコレクションのきっかけのように読めてしまうので、申し訳ありませんが、ここに訂正させていただきます。)

 BBCがこの番組「Japan in Colour: The Wonderful World of Albert Kahn」について紹介した記事はコチラです。

 ちなみに、パリにあるアルベール・カーン美術館(旧アルベール・カーン邸)には、海外では「日本庭園の伝統にもっとも忠実な庭(※)」があります。いずれ、これ自体もご紹介させていただきます。

 (※「マダム・ド・モンタランベールのミュゼ訪問 アルベール・カーン美術館」より引用)
 
 カーン氏の派遣したカメラマンがとらえた日本の、自然のみずみずしさ、高い文化、礼儀正しく控えめな日本人たち。

 この裏に、すでに沢山の社会矛盾が潜んでいたのですが、アルベール・カーン氏の愛した日本の写真や映像の中には、人々が心豊かに、穏やかに生きられる世界の可能性が感じられます。

 彼のように、優れて公平なまなざしの人を魅了したのが、この日本であった。

 しかし、この国は戦争で自国と他国に悲惨な状況をもたらした。

 二つの意味で、深く考えさせられる番組です。



 次回の記事では、もう少し、アルベール・カーン氏について書かせていただきます。

 
アルベール・カーン氏のウィキペディア記事(日本語版)(英語版

アルベール・カーン美術館のHPはコチラ

(世界地図をクリックすると、その場所の写真を観られるページが面白いです。コチラ。)

※フランスの美術館、博物館情報を見られるメゾン・デ・ミュゼ・ド・フランスのHP内の、「マダム・ド・モンタランベールのミュゼ訪問」で、アルベール・カーン美術館について紹介されています。お読みになりたい方はコチラをクリックしてください。

アルベール・カーン氏の生涯や活動、庭園について詳しく書かれており、写真も素敵です。


また、既に、BBCのこの番組の写真集が発売されています。本の情報は以下の通りです。


アルベール・カーン コレクション よみがえる100年前の世界

アルベール・カーン コレクション よみがえる100年前の世界

  • 作者: デイヴィッド オクエフナ
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2009/08/25
  • メディア: 大型本






posted by Palum. at 19:56| 日本の海外テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
カテゴリ