2010年01月08日

刑事コロンボ 愛情の計算 (コロンボの犬ファンのかた必見【笑】)

コロンボの犬 

コロンボの犬.jpg

(要約文)
今週土曜日(2010年1月9日18:55〜)、NHK衛星放送BShiでアメリカの名作推理ドラマ「刑事コロンボ」「愛情の計算」が放送されます。
コロンボの可愛いバセットハウンドがじっくり観られる回です。



(本文)
今回の犯人は、あるシンクタンク(研究機関)の所長(刑事コロンボは犯人が最初からわかっている「倒叙物」です)。
彼の息子が、故人の論文を盗作したことを、ほかの研究員に暴露されそうになったために、その男を車でひき殺して殺害します。

犯人役のホセ・ファーラー(1950年『シラノ・ド・ベルジュラック』でアカデミー主演男優賞受賞、多数の名作に出演。俳優のジョージ・クルーニーは甥にあたる【DVD『刑事コロンボ』参照】)の、知的で尊大ながら、父性を秘めた演技は味わい深いですが、正直、推理ドラマの出来栄えとしては、コロンボの作品群の中では「普通」といったところです。

※ 補足……僕的「刑事コロンボ三大傑作」と思っている作品については、過去の記事「刑事コロンボ 祝砲の挽歌」をご参照ください。

(同じく三大傑作のひとつと勝手に思っている「別れのワイン」は2010年2月1日にBS2で21:00から放映、しかも終了後の22:35〜23:00に、脚本家三谷幸喜さん【和製コロンボともいわれる『警部補古畑任三郎』を手がけた】らがコロンボについて語るそうです。詳しい情報は下記のURLをご覧ください。http://www9.nhk.or.jp/kaigai/columbo/popup01/index.html

ただ、この「愛情の計算」、コロンボの飼っているバセットハウンド(靴のブランド「ハッシュパピー」でお馴染みの、耳の長い、口元や体の皮膚のたるたるした、茶黒白のへにょんとした犬)が、よくストーリーにからんで、コロンボの犬ファンのわたしには(他にどのくらい同好の士がおいでか存じ上げませんが)、何度見ても見飽きない作品となっております。

ウィキペディア(ネット百科事典)の「刑事コロンボ」情報によると、この犬はコロンボ役のピーター・フォーク氏の本当の飼い犬だそうです。

だから、プロの犬みたいに細かい演技をするわけではない。

のん気に尻尾をパタクラ振ったり、コロンボの顔をペタペタ舐めたり、置いてきぼりが淋しいと、ウォウォとゆるく吠えて、コロンボを呼んだりする程度です。

コロンボに抱きあげられて連れて行かれるときも、はしゃぐでも暴れるでもなく、てろーんと、コロンボの歩調に合わせて前後足耳を揺らしているだけ。

この自然体が、マニア(=わたし)にはたまんないのです……。

というのも、以前、イギリスの人気司会者ポール・オグレディ氏と一緒に出演する彼の愛犬たちについてお話しした際にも書かせていただきましたが、これだけくつろいだ気配というのは、常日頃可愛がられて、飼い主と一緒なら、どこにいても絶対安心と信じ切っている犬にしか醸せないものだからです。

その信頼関係を体現したゆるキャラっぷりが、ハキハキと芸達者な犬とは別の魅力。

それにしても、誰のアイディアか存じませんが、ヨレヨレのレインコートを着てマイペースに動き回るコロンボと、コロンボの埃っぽいオンボロ車(これ、古すぎて後にヴィンテージものになるそうですが)、それに乗ったへにょ犬バセット(「愛情の計算」時は、とくに名前は無い、というか、どう呼んでもどうせ来ないから保留状態らしい【のちに、『ドッグ』と、正式だかなんだかわからない呼び方になる】)は一体化しているように絶妙の存在感です。

社会的成功者である犯人たちの、不遜で華やかなオーラや、ファッション、邸内に対して、異彩を放ってものすごく生える。

セレブリティの虚飾と、犯罪者としての張りつめた嘘の中に、のらりくらりと、しかし着実に切り込んでいくコロンボのキャラクターに、あの犬は実にぴったり調和しているのです。

余談ですが、「バセットハウンドと警察関係者」という取り合わせについて、別の作品を思い出すシャパニメーションファンの方もいらっしゃると思います。

押井守監督の世界的に有名なアニメーション映画、『攻殻機動隊(士郎正宗原作)』
(近未来、肉体と頭脳の一部を機械化した人々が多くを占める社会を描いた作品。
現実と仮想世界が交錯する世界観と、スタイリッシュなアクションは、映画『マトリックス』に大きな影響を与えたと言われている。)
の続編『イノセンス』では、メインキャラクターである、公安のバトーの愛犬が、やはりバセットハウンド。

ふちゃちゃちゃ、ぽてっぽてっと駆け寄る、爪と足音まで丁寧に描写されて実に魅力的です。

※「イノセンス」DVDパッケージのイラスト

DVDパッケージ.JPG
(うろ覚えで申し訳ないのですが、バセットハウンド作画担当の人に、押井監督が絵コンテの段階辺りで「ものすごく可愛く」というような指示を出されていた記憶があります。

あれだけ緻密で、謎めいた哲学性を持つ作品に、そのシンプルで主観たっぷりの指示のギャップが、なんか面白かった。)

(余談……今回押井守監督の公式HPを拝見したら、最初のページが、すばりバセットハウンドでした)

押井守監督ご自身が、バセットハウンドを飼っていらっしゃるそうで、しかも、犬を家族とするたいていの(含、わたし)人間がそうであるように、ご自分の犬にそりゃもうメロメロのようなので
「なぜバトーはバセットハウンドを飼っているのか?」
ということについては、第一に、ご自分が好きだからかなのかもしれません。

しかし、あの作品も、無機質な電脳社会で、現実と仮想との極めて曖昧な狭間で生きざるをえないような人々の中で、ふにふにずっしりと、温かくくつろいだ風情のバセットハウンドは、生き物のたしかで優しい手ごたえを感じさせて象徴的です。

コロンボとバセットが、てろんとゆるやかな地続きのような存在なら、機械化された強靭マッチョな義体と電脳を持ち、重厚な凄みを放つバトーと彼のバセットは、対極的な存在といえるかもしれません。

そして、バトーはその犬をどこまでも大切にしている。


多分どちらの作品も、犬を出すにしても、バセットハウンドでなかったら、作品の味わいは全然違ってきたでしょう。

全っ然個性の違う作品の、偶然の一致に過ぎないのですが、さすがどちらも世界的名作、単なる「家族出演」とはならず、実に効果的に、作品の特性と犬の個性を活かした登場のしかたをさせているな、と思ったので付け加えてご紹介させていただきました。

ともあれ、刑事コロンボ「愛情の計算」、コロンボ作品屈指の犬活躍度(特に捜査上ためになることをするわけではないけれど、作品内で効率よく笑いをとるという意味)なので、ご覧になってみてください。ヒジョーになごみます……。

「刑事コロンボ」のNHKの公式HPは以下のとおりです。


http://www9.nhk.or.jp/kaigai/columbo/
(補足:この回のある名場面について追加ご紹介記事を書かせていただきました。よろしければ併せてご覧ください。追加記事はコチラです。)

 読んでくださってありがとうございました。
【関連する記事】
posted by Palum. at 15:12| 日本の海外テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする