2009年10月19日

自然番組制作者 デヴィッド アッテンボロー氏

しばらくご無沙汰しておりました。また記事を書かせていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

(要約文)
本日(2009年十月十九日【月曜日】)夜八時〜九時半、NHKのBSハイビジョンで
「アッテンボローの世界 両生類・は虫類 脅威の上陸大作戦」
という番組が放映されます。

十月二十五日(日)、二十六日(月)に再放送されるみたいです。(すみません、二回シリーズと言いながら、今週の第二回目の放映時間情報が、HPのどこにあるのかが見つけられなかったのですが……。とりあえず番組HPをご参照ください) 

http://www.nhk.or.jp/wildlife/

番組制作者のデヴィッド アッテンボロー氏は、全イギリス人の尊敬を集める御方です。
番組それ自体のレベルの高さも間違いありませんので、両生類とは虫類をハイビジョンでご覧になっても大丈夫な方にはとてもお勧めです。

(わが家族は、大正乙女のような感性の持ち主なので【……なぜ、わたしだけ……?】、自然番組全般がやや苦手で、とくにあの系統の生物のドアップはキツイらしく、わたしがいくら勧めても『アッテンボローさんが立派な方なのと、番組が素晴らしいのは、よくわかったけれど、今回だけは勘弁して』と白旗を振っています。絶対面白いのに……)


(本文)
実は、わたしもまだ、今回NHKで放映される番組を拝見したことが無いのですが、デヴィッド アッテンボロー氏という方が、いかに素晴らしい番組をお作りになり、またそのお人柄も魅力的であるかは、イギリス滞在時に多少知る機会がありました。

八十三歳になられた今も、優れた自然.文化を紹介する番組を作り続け、イギリスの国営放送BBCの草創期最大の貢献者のお一人とも言える御方。

自然に親しみ、化石を集めていた少年の頃そのままの生き生きとした好奇心に、今も世界中を飛び回るパワー、豊かな知性、謙譲の美徳を併せ持つ、イギリスの最高の紳士のお一人と申し上げて過言はないでしょう。

なにせ、滞在中出会ったイギリス人十人中十二人が、「あの方は本当に素晴らしい人だ」と言っていました。
(そして、その十人中十二人が皆、「あの方のお兄様のリチャード アッテンボロー氏もまた、素晴らしい方なのだ」と付け加えていました。
リチャード アッテンボロー氏は、役者で映画監督、「ガンジー」でアカデミー監督賞を受賞、「ジュラシックパーク」で実業家ジョン ハモンド氏を演じたことでも有名です。)

英語がよくわからないままイギリスに行き、テレビの英語など「???」だったわたしが、最初に
「あ、この人のおっしゃっていることは少しわかる……」
と思ったのは、このアッテンボロー氏の、ゆったりと落ち着いてくっきりとしたナレーションでした。

(役者さんでもないのにナレーションの名手としても有名で、この方の「This! is(以下略)」という力強い解説の始め方は、よくイギリスのテレビでモノマネされています。今回の番組でもお聞きになれるかと。)

おそらく今回の作品、原題は「Life In Cold Blood」だと思います。2009年BAFTA賞(イギリスのアカデミー賞的なもの)を受賞し、「最初の受賞から、ほぼ50年後にBAFTA賞を獲得した」その長年の一貫してすぐれたキャリアを賞賛されました。

彼がいかに自分の番組制作スタッフを尊重し(名誉独り占めとかしない)、動物にも愛情と敬意を払っているかはBAFTAの授賞式のスピーチからもよくわかりました。

まあ……は虫類と両生類ですから、苦手と思う方もいらっしゃるでしょうが、このアッテンボロー氏のチームが映像に捉えた動物たちは、種族を問わず、強く、賢く、生きることに真剣で、魅力的です。


デヴィッド アッテンボロー氏については、もっと書かせていただきたいのですが、とにかく今回のBS放映前に取り急ぎご紹介させていただきます


NHKプレミアム8「ワイルドライフ」のページのアドレスは下記のとおりです。
http://www.nhk.or.jp/wildlife/

「ワイルドライフ」内のアッテンボロー氏の番組の紹介ページアドレスは下記のとおりです。
http://www.nhk.or.jp/wildlife/program/next.html

【関連する記事】
posted by Palum. at 12:26| 日本の海外テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする