2009年07月27日

イギリスの怪物番組 『Dad's Army』

「Dad's Army」のDVD(注!イギリスのDVDは日本の一般的なDVDプレイヤーではご覧になれません。パソコンなら大丈夫かと……)
DAD'S ARMYのパッケージ.JPG

(要約文)
『Dad's Army』は、イギリスで大人気のシリーズドラマです。
第二次大戦期、ナチス.ドイツの侵攻を防ごうと「ホームガード」という国防組織を結成するイギリス。
しかし、若い人たちは既に兵隊にとられて男手不足。

空になってしまった地元を守るために、「ホームガード」に参加したのは、
「いえ、あの…無理なさらないで……」
という感じの人々……。

体力と物資に不安はあっても、イギリス男の不屈の気概で、難局を乗り切ろうとする(けど、しばしば逆に騒動を巻き起こす)人々を描いた傑作コメディです。


(本文)
※今回は、ドラマ紹介として、一部ネタバレ、台詞バレがあります。

『Dad's Army』は1968〜1977年のドラマです。

でも、いまだに(2009年七月)ゴールデンタイムで再放送しています。
しかも、再放送は今回に限ったことではないとか。

「なんどでも再放送する。だってなんどでも観たがる人がいるから」
ということだそうです(イギリスの知人談)。

主要登場人物を演じられた役者さんで、故人となられたかたも、かなりいらっしゃるそうですが、それでもやるのです。

こんな番組って、ちょっと日本では類例がないですよね……。
(終了後、三十年経っても、ゴールデンタイム再放送というのが)

それにしても、最初に、このドラマのオープニング映像を観たときは、目を疑いました。



だって、軽やかな中年男性声の歌とともに、アニメで、イギリスの地図から、イギリス軍を示す、国旗模様の矢印が、いくつか、わーっと、海を渡りヨーロッパへ。

それを、ナチスのマークの矢印が取り囲み、イギリスの国旗の矢印は、わーっと国内に逃げ帰り……。

追いかけてきた、ナチスの旗たくさんに対して、イギリスの国旗は、南の端っこあたりで、一生懸命うろうろしている、という映像が流れるのです。

この、一連のアニメが示す戦況の中に、あの
「ダンケルクの戦い(※補足)」
などが含まれているはずなのに、この歌とアニメでまとめちゃっていいの……?と、あっけにとられました。

誤解しないでいただきたいのですが、イギリス人の戦争観が不真面目なわけではないです。

ごく最近(2009年七月二十五日)Harry Patchさんという、第一次大戦最後の生存兵士だったかたが、百十一歳でお亡くなりになった際は、非常に大きなニュースになりました。

また、どんな小さな町にも、第一次、第二次大戦の慰霊碑はあります。

常に花が供えられ、その多くが、イギリス人に限らず、戦争で命を落とした全世界の人々への追悼の念を記しています。

ただ、そういう真剣さとは別に、よその国の人間は、あぜんとするほど易々と、深刻な事態を笑い飛ばそうとするところが、この国の人たちにはあるのです。

わたしはイギリス人と、日本人のユーモアのセンスというのは、相当似通っていると思っていました。

でも、戦時中をギャグにするというのは、日本人にはたぶん永久に真似ができない。
こと第一次、第二次大戦については、国内外の人がそれを認められないでしょう。
そうである以上、作ってはいけないのだと思います。

(第二次大戦については、歴史的背景も、諸外国からの評価も、日本とイギリスでは違いますから。
逆にイギリスにも、こんな風には扱えば、内外から批判を受ける歴史的題材もあると思います。)


しかし、題材の是非はともかく、
『深刻な事態を、深刻だと嘆くより、いっそ笑っちゃえ』
というのは、不真面目ではなくて、したたかで高度な、生きる知恵なのではないかなと思います。

このドラマに関して言うと、設定として非常に上手なのは「ホームガード」を題材にしているところかと。

これが、攻撃にせよ防御にせよ、正規の軍隊の場合、きれいごとでも笑いごとでも済まされない話も多いでしょうが、
「自分たちが住んでいるところをみんなで守る」
という、シンプルなチームを描いていますから、ユーモラスに扱っても、観る側があまり抵抗を覚えないようです。

まあ、こんな真顔の分析は、後付けです。

私も、最初は、
「ええええ……?(冷や汗)」
と、あのすごいオープニングアニメを観て、

「いやー、それはまずい、それは駄目でしょう……」
と、静かにチャンネルを変えたのですが、
あとで、チャンネルを変えている最中に、ちょうどエンディング映像が流れていて、

「ご年配のかたがたが、つんのめったり、普段どおりの穏やかな笑みを浮かべたりしながらも、明らかに似合わない軍服を着て、町を守るためにがんばってます」
という映像が流れた際に、ぶっと笑ってしまい、それから試しに観てみて、ハマってしまいました。

 エンディング動画はコチラです。
(登場順にマインワリング隊長、ウィルソン氏、ジョーンズ氏、フレイザー氏、ウォーカー氏、ゴッドフリー氏、パイク青年)




台詞も演技もうますぎです。
(あれだけの芸達者ぞろいでなければ、この題材で笑うのは無理だったかもとすら思います。全員お見事です)


以下、主要登場人物紹介です。
(まだ全部観たわけではないので、理解不足もありますが、ご了承ください)

DAD'S ARMY のdvd.JPG


Captain George Mainwaring (俳優名 Arthur Lowe氏)
マインワリング隊長(すみませんこの方の名前、すごくカタカナに乗せづらい……)。画像前列中央。
ホームガードのキャプテンで、普段は銀行の支店長。
個性派揃いのチームを、なんとか軍隊らしく育て上げようと、日夜努力している
(そのためのアイディアが、みんなを振り回すこともしばしば)

キャプテンという立場を、かさに着た態度も、ままあるけれど、自分をえらく見せようとするときほど失敗しがち。
それでも実は人情家で、責任感は強い。


Sergeant(軍曹) Wilson (俳優名 John Le Mesurier氏)

ウィルソン軍曹。画像前列右。
銀行ではマインワリング氏の部下。そのため半強制的に補佐役に。
最初は、銀行づとめで板についた礼儀作法が災いしてか、ホームガードの人々への、軍隊的命令口調を使えずに、苦労していた。
(いきなり、ご近所の、同年かそれより上の人たちに命令しろったって、確かに難しいですよね……)

なかなか渋い容姿なのだけれど、どうも、可愛い女性には、やや甘い模様。
口癖は「Awfully〜(ひどく〜だ)」。



Lance Corporal(槍騎兵伍長) Jack Jones (俳優名 Clive Dunn氏)
ジョーンズ伍長。画像前列左。
普段は肉屋さん。兵役経験を買われて(というか、肉を賄賂に)若いころの階級である「Corporal」を引き続き名乗ることに。
(しかし、周囲が特にそれについて敬意を払っているふしは見られない)

覇気はチーム一だけれど、空回りも目立つ。
「Don’t panic!! Don’t panic!!(あわてるな!!)と、自分が慌てているときに、誰よりも先に叫びまわる癖がある。

※個人的な意見ですが、このかたは、しゃべり方から、表情、一挙一動にいたるまで、「オモシロ愛されオーラ」満点なので、どうも「お年を召した加藤茶さん」という感じがして親しみやすいです。


Private (兵卒※特に階級は無いという意味のようです)James Frazer (俳優名 John Laurie氏)
フレイザー氏。画像後列右から二番目。
普段は葬儀屋さん(副業で切手屋さんもしている模様)。
筋金入りの悲観主義論者。
チームがピンチに陥ったときは、常に最悪の事態を想定して、低い声でつぶやき続け、周囲を重苦しい空気に巻き込む。
ときどきマインワリング氏に反抗的。

口癖は「Doom and gloom(意訳、破滅【あるいは死】と憂鬱)」(笑)
スコットランド地方出身で、そのことを非常に誇りに思っている。


※イギリスにはちゃんとScotsman【woman】という言葉があります。スコットランドに限らず、出身地方に対するこだわりは強いのです。


Private Joe Walker (俳優名 James Beck氏)
ジョー.ウォーカー氏。画像後列左から二番目。
チームの中では若手だが、健康上の理由で兵役を免除され、ホームガードに加わる。
やり手で、物資不足の折でも、なにやら不明瞭なルートで何でも調達してきて、チーム内でも商売をする。
ただし、品質は信用がおけたり、おけなかったり。
また、戦時中だからという理由で、安くはない模様。




Private Charles Godfrey (俳優名 Arnold Ridley氏)

ゴッドフリー氏。画像後列左端。
長年、軍で勤務していた経験を持つ(注、軍内のお店で)。
おっとりとした、微笑みの癒し系な紳士。ことあるごとに居眠りをしている。
(わたし、この方のおかげで「doze off (居眠り)」ということばを覚えました。)
居眠りといいつつ、それが数時間の熟睡に及ぶこともある。



Private Frank Pike (俳優名 Ian Lavender氏)

パイク青年(あだなはパイキー)。画像後列右端(マフラーを巻いている)。
チーム最年少。「ホームガード」入隊時は十七歳。
(若すぎるという理由で、正規の軍隊には入らなかったようです)
母親に過保護に育てられたようで、すぐに「ママが心配する」と言う。

母親であるパイク夫人(未亡人)は、どうやらウィルソン軍曹と親しい仲の模様。
このため、ウィルソン軍曹のことを「アーサーおじさん」と名前で呼ぶ公私混同ぶりを見せている。
最年少と言う理由で、よく貧乏くじをひかされているが、口答えはわりときっちりしている。


※これをお読みになってくださっている女性に補足させていただくと、彼のルックスは背の高い、可愛い感じの好青年です。そこをぜんぜん売りにしていないところが良い。




以下、このドラマが、どんなセンスなのかをわかっていただくために、一部、ドラマの概略を紹介させていただきます。

なお、台詞については、かなり省略させていただいている上に、雰囲気をお伝えする程度に書かせていただいている
(しかも、何より、わたしの怪しげな語学力を経由している)ため、厳密、正確なものではないことをあらかじめご了承ください。

こんな感じのやりとりなのかな、というくらいの姿勢でお読みくださるとありがたいです。


以下、ネタバレです。


「The Man and the hour」
シリーズ第一話(白黒映像)。

地元を守る有志として集められたばかりのメンバー。
軍服も武器も無い状態で、
(史実、こんな感じのところも多かったそうです)

「戦車が攻めてきたらどうすればいいか」
について作戦を練る。

ウィルソン軍曹が黒板に描いた戦車の絵
(「五歳くらいの子が、『ドカーン!ゴゴゴゴ〜』とか、言いながら描きました」と言っても通用しそうな画風)
の前に体育座りをして、話し合いをする人々。

お肉屋ジョーンズ氏の提案。
「ジャガイモを使うのはどうでありましょうか?」

マインワリング隊長。
「……ジャガイモ……?」
「戦車の排気パイプに詰めれば、エンジンを故障させることができます」

「……なるほど、しかしナチスの戦車の排気パイプは、とても細長いんだ」
「細長いジャガイモなら可能であります!」

(一同、同意【←ええええ……?】)
「『シャーロットビューティー』なら細くて長い!」
「『キングエドワード』もだ!」
(よくわからないけれど、日本なら『メークイン』みたいなものですかね……)

一応、「戦車対策用」のジャガイモの配給申請もすることにして、
(ダメなら揚げて食べる予定の模様【←そういう状況……?】)
本格的な対策として、
「燃料に浸した毛布を戦車にかけて、マッチで火をつける」
(これも、相当無理そうですが)
の練習のために、戦車役の人々(服装が紳士)が数人固まって
「ブルルンブルルン……(エンジン音)」
と、口で言いながら近づいてくるのに、毛布をかぶせる練習をする(涙)。

でも実際、普通に暮らしている人達が、いきなり戦争に巻き込まれても、発想も物資もこの程度ですよね……。

笑いながらも、なんだか考えさせられる場面です。


「Deadly attachment」より。
(直訳すると『致命的な付属品』ですが、すみません、適訳かは定かではありません……)


ナチス兵が捕虜として町に連行され、正規の軍隊が引き取りにくるまで、ホームガードの本部を兼ねた教会で、監視役をつとめることになるメンバーたち。

マインワリング隊長が、ふと口にしたヒットラーへの悪口を、英語のできるナチス兵に、聞きとがめられる。
(一貫してふてぶてしいが、拘束中に出される夕飯のフィッシュ&チップス【イギリス名物魚のフライとフライドポテト】については、
『魚はカレイじゃないと嫌だ。サクサクに揚げてあること』
と注文が細かい。
【そしてマインワリング隊長は『ベトベトした(soggy)』のを買ってこさせる】)

この場面の動画です。



 今度きちんと台詞を書き起こしてご紹介させていただきますが、とりあえず「こんな感じのやり取り」というところを書かせていただきます。
「きさま、我々の偉大なるリーダーを侮辱したな。きさまはリストに載せてやる」
(メモ帳を取り出して、マインワリング隊長の名前を書き留めるナチス兵)
「われわれが戦争に勝ったあかつきには、きさまの名前を報告してやる。【なんか相当まずいことになるらしい】)」

(マインワリング隊長、多少いやな気がしながらも)
「好きにすればいい、お前たちが勝つ日は来ない」
「お〜、我々は勝つさ(悠々と首を振る)」
「勝つもんか」
「い〜や、勝つとも」

そこで、見張りの一人だったパイク青年、銃をかまえた格好で、ニヤニヤしながらヒットラーをからかった歌を歌いだす。
(ド空気読めない子)

(ナチス兵、パイクをびしっと指差して。)
「きさま!!きさまもリストに載せてやる。名前はなんだ!?」
「教えるな、パイク!!」
「『パイク』……ありがとう」
(メモ帳に名前を書き留めてほくそえむナチス兵【←お約束】。パイク、うらめしげにマインワリング隊長を見る)



この、マインワリング隊長の失言
「Don't tell him Pike!!」
はイギリス人にもツボのようで、Wikipediaでも言及されています。
(この「Deadly attachment」が、一話ごっそり丁寧に解説されています【笑】。)
作品自体、シリーズの中でも屈指の名作として名高いようです。



もうひとつ印象的だったのは、
「Keep young and beautiful」(直訳、『若さと美しさをたもて』【笑】)という一話です。

現在のホームガードの人員を、もっと若い人と入れ替えようという話が、政府で持ち上がり、おなじみのメンバーたちにも動揺が走る。

(もうひとつの国防組織である、ARPというチームに再配置される可能性が高いのですが、彼らはホームガードに残りたいのです)

特に、チーム最年長である、お肉屋ジョーンズ氏、微笑みゴッドフリー氏、悲観大好きフレイザー氏の心中は穏やかでなく、三人は、軍の視察を前に、葬儀屋さんであるゴッドフリー氏の、死化粧技術を駆使し(大笑)、若返りをはかることに……。

軍の視察を前に、隊員たちを集めるマインワリング氏、三人のあまりの変わりようにあっけにとられる。

「ジョーンズ?いったいどうしたんだ!?」

(髪も口ひげも黒く染め、メガネも外したジョーンズ氏【そのため、よく方角を間違える】)
「われわれは、あなたの隊から離れたくないので、フレイザーに外見を整えてもらいました!」

(同じく黒い髪のフレイザー氏、頬と唇に紅をさし、かっと目を見開き、不自然なおちょぼ口で)
「フモフモ!モフモフモフ!」

(ジョーンズ氏、通訳をして)
「フレイザーは、いま、うまく喋れません、頬に綿を詰めているからであります!」

「ゴ、ゴッドフリーか?」

(くっきり眉毛をかき、目いっぱいアイラインを引いたゴッドフリー氏。【妙にりりしい】)

「そうです、フレイザーさんに、しわ伸ばし薬をぬってもらいました(なんかお肌がペカペカしている)」
「ばかばかしい、元に戻せ!」
「す、すぐには無理だと思います」
「なんてことだ、彼はまるで『蝶々夫人』じゃないか……(※日本を舞台にしたオペラ。名作ですが、衣装や厚塗りメークが『これぞ外国人の勘違いジャパン』なことが多い)
フレイザー!この状態はいつまで続くものなんだ?」
「モフモフモフ!!」
(ジョーンズ氏訳)
「『埋葬した後、掘り返したことがないから、わからない』そうであります!」



「年配の兵士が、戦いに参加するために髪を黒く染める」
といえば、日本では、源平の戦いの頃の、斉藤実盛という、平家方の勇敢な武士の活躍と、壮烈な最期が語り草になっています。
(死期を定めて、ひときわ美麗な鎧で戦に望み、味方の敗走後にも、一騎踏みとどまって、源氏勢に戦いを挑んだ)

『平家物語』に記された、彼の生き様、死に様は、武士の美学に鋭く貫かれ、敵味方に畏敬されたその潔さと、哀切さの胸に迫る名文です。

一見、似たような行動なのに、こうも違う話になるんだなあと感心しました。

これが、イギリスと日本の、芸術内で戦争を扱った際の、センスの相違と言っては言い過ぎでしょうが。

この「Dad's Army 」、イギリスコメディの真骨頂として有名ですし、実際とても面白いのですが、日本での放送は……難しいでしょうね……。

しかし、イギリス在住の方は今(2009年七月現在)、HMVで「Dads Army: Complete Series & Specials: 14dvd: Box Set」 という十四枚セットのDVD(※冒頭部画像)が、元値100£だったのが、なんと約38£でお買い求めになれます。
こちらは、英語の字幕がつけられるので(注)、お勉強にもピッタリ(かな……)。

※注 
イギリスのDVDは、英語の字幕がついていたり、いなかったりです。
必要な方は(含、わたし)どの作品でも、購入前に字幕があるかどうかを、必ずご確認ください。


HMVのアドレスは下記の通りです。「Dad’s Army 」で検索をかけてみてください。店頭販売もされているはずです。
http://hmv.com/hmvweb/

この番組は、ごく最近(2009年七月)も、BBC2で再放送されていて、まだ観られると思うのですが、どうも地方により、放送時間がまちまちなようなので、すみませんが、正確なところが記載できません。ホームページ等でご確認ください。

BBC2の番組表アドレス
http://www.bbc.co.uk/programmes/b007898k

BBCの「Dad’s Army 」紹介ページ
http://www.bbc.co.uk/comedy/dadsarmy/

BBCトップページ
http://www.bbc.co.uk/

こういう笑いのセンスが大丈夫な人には、間違いのない名作と思われます。個人的にはオススメです。



(※補足)
「ダンケルクの戦い」
1940年5月末から六月初めにかけて、イギリス、及びフランス=ベルギー軍が、フランスのダンケルク海岸からイギリス本土へ撤退した作戦。
ナチス.ドイツ軍からの追撃から避難するために、近隣の多くの民間船が協力した。
(※ブリタニカ国際大百科事典を参照させていただきました)

【さらに補足】
 ポール.ギャリコの短編小説に『ダンケルクの戦い』を一部下敷きにした、「スノー.グース」という作品があります。
せつない、しかし本当に美しい作品です。
新潮文庫で読めて、その他二編も、愛情あふれる素晴らしい作品なので、とてもお勧めです。挿絵も素敵です。

posted by Palum at 22:33| イギリスのテレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする